Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

久しぶりに友達と外食をしたはなし。

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

今日もいい天気の東京である。

カメの様子を見に行ったら、なんだか増えてる!?

f:id:omr2227:20210526140823j:plain

いやそんなことはなくて元々いたんだろうけど、前より数が多い気がする。

かわいいねぇなんて思いながら見ててふと思った。

 

水汚ね…

 

掃除とかしないのか…いやしないか。

でもカメも鯉もすいすい泳いでいて

おまいら平気なんか・・・?

と不安になる。

 

ので何となく調べてみたら、鯉もカメも順応性がめちゃくちゃ高く、汚れた水でも生きていけるとのこと。

(ちなみに餌になるものが汚れた水にはいっぱいあるらしい)

 

順応性にも程があるんじゃないかと心配になるけど、見た感じ元気そうやからこれでいいのかと。

でももうちょっとキレイでもいいと思うんだけどな。

 

昨日は仕事終わりに友達と夕食を食べに出かけた。

よくよく考えたら友達と外食(夕食)をするのって一体いつぶりだろうと。

コロナになってからはたいていランチを一緒に食べるくらいしかしてなかったように思う。夕食を一緒に食べるのは久しぶりな感じ。

 

今回は友達の知り合いがやっているという韓国料理屋さんへ!

入ってみると私たちのほかには1組しかお客さんがおらず。

少しすると男性グループが入店。

 

…え、旦那さんじゃん!笑

 

友達の旦那さんだった。

友達曰く、今日この韓国料理屋さん行こうかなって話したら、じゃ俺も行こうかなと友達を連れてやってきたという。でも恥ずかしいから離れた席に座るという。

 

なんだこのラブラブ感。笑

 

いいなぁ。楽しそう。笑

 

そんなこんなで近況報告をしているうちに焼きあがるサムギョプサル。チーズチヂミにチャプチェにサービスでトッポギまでいただいてしまった!

f:id:omr2227:20210526140920j:plain

私たちは以前同じ職場で働いていた。

そして私たちは大切な友人を亡くしてしまったという共通点がある。

その友人の話をたっぷりしながら過ごす時間だった。

 

誰かを亡くしてしまうのはとても辛い。

でもふとそんな時に、自分と同じ思いの人がいると思うと耐えられるような気がする。

深い喪失感を理解できる唯一の人というのは、同じ体験をしている人だと思う。当人との関わりは人それぞれだからまた違うと思うけど、少なくてもあの時同じ場所にいて同じ経験をしているというのは大きい。

私にとってこの子の存在はとても大きい。

 

それにしても楽しい時間だった。

3人で会ってたんだけど、1人が仕事を辞めて新しい職に就いていて。

『とても厳しいところで毎日怒られっぱなしで…

めちゃくちゃ新鮮!楽しい!

 

って話しだして…

 

え、え!?怒られてばっかで嫌だとかじゃなく!?

新鮮!?

って返すと、

いや~ほんと職人の、プロの世界でね、かっこいいんだよ!怒られてる内容も正しいことだし(これはここに置いちゃいけない、とか)何か気持ちいいんだよね、楽しい!

 

って話してて、もう一人の友達と感心しっぱなし。

その初心、私かなり忘れてるし、なんなら、

それくらい別にいいやん…

って思ってる自分がいるのが事実。

 

反省・・・そして見習おう。

 

こうやって自分の行いを反省して正せる機会を持たせてくれる友達ってありがたいよね。

大切にしないと。

 

あと、恋愛も仕事も応援してくれて、私は本当幸せ者だ・・・

 

帰宅して楽しみにしていたドラマを見たら、やたらシナモンロールを強調している回だったので単純な私はシナモンロールが食べたくてたまらない。

 

今日の帰りちょっと寄り道して買ってみよう。

よく考えたら数えるくらいしか食べたことないかも。

f:id:omr2227:20210526143138j:plain