Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

今こそやる時!初夏のおすすめゴキブリ対策。

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

さて東京は今日もカンカン照り。

梅雨入りは一体いつだろう。

そして今がチャンス!この時期にゴキブリ対策をしっかりしておこう!ということで、今回は満を持してのゴキブリ回である。

 

正直、東京に住んでたら遭遇する可能性はとても高いように思うG(以下、Gでいきます)。

ただでさえ狭い部屋が多い東京、そんな空間で一緒になってしまうと嫌という前に恐怖が出ると思う。

 

すでに頭を悩ませているあなたも、まだ一度も遭遇したことなんてないというあなたも夏に向けての今からしっかり対策をしておこう!

 

読んでいる人は「あんた何者?」と思うでしょう。

簡単に自己紹介しますと、都内在住のアラサー一人暮らし女子です。

今の家は今年で6年目。とっても快適だったのに3年前のある日から状況が変わった。

そう、急にGが出てくるようになったのである。

高校卒業とともに一人暮らしをしているので一人暮らし歴は10年を超えている。その中で正直1回くらいしか出したことなかったのに、この3年間でその空白の期間を埋めるように出た。笑

いたたまれなくなり、去年は業者に入ってもらい夏の間は全く出なかったんだけど、初冬におひとり様出て、あぁ・・・と落ち込んで今に至るというわけです。

そんなこの3年間で私なりに学び、妙に詳しくなったので今回はそれを共有します。

(友達にも、めちゃくちゃ詳しくなってるし、人間的にも成長している!と褒められましたw)

 

さて、まずはこの時期にやることはずばり

クリーンな室内を作り出すこと

まずは室内を徹底的に掃除してください。

物が多い部屋なら断捨離を、ごみをためているならすべて捨てましょう。

特に段ボールが室内にありませんか?

段ボールはGが大好きな場所で、卵を産んだりもしてしまいます。

室内に段ボール置くのはやめましょう。

ごみはこまめに捨てること!大事です。

また、植物を置いていますか?

土があるとどうしても寄ってきやすいのでないのがベストですが、ストレスフルな世の中、置きたいですよね育てたいですよね。

その場合は、水受けのお皿に水がたまらないようにしてください。またたまに土部分を観察して、卵のようなものがないか(怖いこと言うけど)見てみましょう。

 

部屋が綺麗になったところで、次は追い出し作戦です。

室内をまんべんなく殺虫出来る、燻煙剤をおススメします。Gだけでなく、虫も一層出来るのでね。

 

虫が出る頻度で、商品は決めたらいいと思うけど、私は「1匹残らず…へへへ!!!」という強い意志があったので、調べた結果一番きつくてよく効くと評判のこちらを使用しています。

アースレッドゴキブリプロアルファ

 

使用感などあらゆる点から調べてみてこれが一番きついということでこちらに。

水につけると、煙が出るタイプなんだけどそれはそれはすごい煙の量。そしてすごい刺激。人間でも致命的だと思う・・・(植物やペットは必ず外に出して使用して下さい)

使用後2時間以上は、その部屋を密閉しないといけないので、私は朝出勤前にセットして、仕事を終え9時間後の帰宅まで室内を密封してたんだけど…

9時間経ってもすんごい刺激!

ドアを開けるとまずはすごい臭い。そしてむせる。

マスクの下にタオルハンカチ当ててても、軽く咳するほど。目もシバシバする。

そして換気すること2時間くらいでようやく室内の刺激がなくなったように思う。

これで生き残ってるのがいたら尊敬するよ…

ちなみに死骸などは全くなかった。室内にはいないのか、逃げ出したのか・・・

とりあえずこれで室内のクリーン化は完了!

この後はいかに室内に入れないかが勝負となる。

 

さて、侵入経路は様々だけど、以下のところから入ってくるのが多い。

 

・玄関

・窓

・シンク下

・クーラーのホースを伝って

・宅配や郵便物に紛れて

 

私は2年前が一番出たんだけど、その時はどうやら台所のシンク下から来ていたようだった。(なのでシンク下を魔界、シンク下収納の扉を魔界の扉と呼んでいる)

以前はそこに乾物やお米を収納していたんだけど、まぁびっくりするくらいの糞が!そこかしらにあって!

「ひぃいいぃぃ!!!」って気持ちと同時に

「許せん・・・!!!ただいるだけならまだしも糞だらけなんて礼儀がない!!家賃払え!!」

と妙に腹が立った。

我が家はまさかのシンク下の蓋が設計ミスなのか全く閉まらず、そこから行き来していたようで、建築関係の仕事をしている叔父に頼んで発泡スチロールなどで埋めて、養生テープでしっかりと塞いでもらった。

まずはそこ、しっかり防ごう!

 

さてここでちょっとポイント。

Gを寄せ付けないようにするためには、まずはGのことを知らないといけない。

彼らの好き嫌い、得意苦手を知ることで対策方法が見えてくる。

 

まずは彼らの好きなもの

・水気

・暖かさ

・たまねぎなどネギ系のもの(香りが好きらしい)

・湿気

・狭くて暗い場所

逆に嫌いなもの

・彼らより大きな虫やペット

・レモンなどの柑橘系の香りやハーブ、アロマ、クローブ

・塩

・広くて明るい場所

 

簡単に言うと、好きなものをなくして嫌いなものを増やせばいいのである。

 

ということで話はシンク下に戻る。

シンク下は暗く湿気がたまりがち。

ということで、私は自作で作っているのが、重曹瓶。

 

①空き瓶に重曹を入れる

②ハッカ油を数滴振りかける

③蓋にキリで穴を開けて(塩こしょうの瓶のような)蓋をして置いておく

 

 

これを3個ほど作ってシンク下に置いている。

こんな感じ↓↓

f:id:omr2227:20210609213227j:plain

重曹は湿気を吸ってくれるのである。そして嫌いな臭いであるハッカをふりかけるとそれだけで寄せ付けなくなる。

 

私はこの他に念のためにドラッグストアで買える置き型の除湿剤を置いている。

私が使ってるのはこれ↓↓

 安いし、詰替え用があるし、何よりスリムでコンパクトなので置くところに困らないのと、奥まで手を入れなくて済む。笑

(やはり魔界はまだ怖いので…)

これだけで、私はもうシンク下で実物はもちろん、糞すら見かけることがなくなった。

 

クーラーに関しては、取り付けの際にピッタリ隙間を埋めてもらってある。

そして外側の室外機には100均で購入出来るものを取り付け。

 

そして窓回りと、玄関、冷蔵庫付近には、クローブをくるんだものをかけておく。

これで寄り付かなくなるので、外からもブロック出来る。

 

 そもそもスパイスなので環境にもいいし、そして安いのでエコだし、クローブは1年くらいはもつのでコスパがかなりいい!

もし可能なら、レモン汁を家の周りや窓の外などにかけておくとそれがバリアになり近寄らなくなる。

が、雨などで流されてしまうとその都度また必要になるので注意。

 

ケミカルとナチュラルの合わせ技である。

 

ちなみに、ハーブなどじゃなく、置き型のコンバットやブラックキャップを使えばいいんじゃないのか?と思う人も多いと思うが、個人的見解では、置き型は一軒家にはいいけどマンションには向かないんじゃないかという見方をしている。

よく出た2年前、そもそも殺虫スプレーすら持っていなかったので、すぐさまドラッグストアに走り、殺虫スプレーと置き型の物を購入した。

置き型のものを玄関外・中、冷蔵庫やキッチン回り、ベッド下や洗面台などありとあらゆるところに置いたのだ。(もちろん私はマンション暮らし)

まず私が置きすぎなところもあっただろうけど、臭いが充満して辛かった…

で、置き型って、エサが中に仕掛けてあって、それをGが食べることで効果を発揮するんですよ。食べたGが巣に戻って息絶えてしまう。ほかのGは息絶えたGを食べる習性があるので、エサを食べて息絶えてしまったGを食べるとほかのGにも聞き、絶滅させるというのが仕組みなのである。

やから前提としてまずそのエサを食べてもらわないと何も始まらないので、Gが食べるように、寄ってくるように誘引剤が入ってるんですね。

 

で、ですよ。私が思うに、この誘引剤がマンションのような密集居住地帯ではマイナスに働くんじゃないかと思っていて。

 

2年前私が置きすぎたのもあるかもしれないけど、その年、それからもめちゃくちゃ出たの。

で、他の住人に探りを入れたら、まったく出ないとのこと。

 

こりゃマンション中のG、我が家に呼んだわ・・・と悟った。

わたしゃ我がマンションのGバスターか。

 

一軒家ならね、自分ちのGだけで済むかもしれないけど、マンションはちょっと怪しい(あくまでも個人的見解です。一応商品にはそんなことないって書いてあった気がする)

 

ということで、私的には置き型のものはマンション住まいの方にはお勧めしません。

 

ケミカルとナチュラルを合わせ技するのには理由があって、

申し訳ないけど室内の分はケミカルで完全に撲滅させますけど、外から来る方たちにはやんわりとお断りをしますよ

という意思表示である。

正直、命あるもの、むやみに奪いたくない。

なのでお互いのテリトリーを守って生活し合っていきたいという思いもこめて、ハーブなどのナチュラルなものを取り入れるようにしています。

 

一体何のためにGは存在しているんだ!って思ったこともあったけど、それを言うなら私たち人間もだよね…

生態を知れば知るほど、どうしてGってこんなに嫌われているんだろうって思ってふと調べてみました。

 

そうしたら、あの外見であったり予想不可能な動きをするところであったり、そもそもサルモネラ菌などの病原体を持っていたりするってところが大きい。

でも亀も卵もサルモネラ菌あるぞ?

なんなら猛毒を持った動植物なんて世の中にたくさんいる。なんでGは特にこんなに妬み嫌われているのだろうか。

 

たどっていくと、結局は刷り込みが大きいんじゃないかということ。

遥か昔はGはもっと大きかったそうで人間の生活を脅かしていたため恐れられていて、その時のDNAが受け継がれているとかなんとかって説もあるらしいけど、たぶん一番は

「みんな嫌っているから」

だと思う。

思えば、小さいころに家族が、大人が、友達が、Gを見て「ギャー!!!」と叫んだりしている場面に遭遇していると思う。

それでもうG=嫌う対象として刷り込まれていった結果なんじゃないかなと。

 

現に全くGを目にしたことのない北海道の人なんかが初めてGを目にすると、へぇ~!!って感心したりする人が多いとはよく聞く話。

 

なんかそう考えるとちょっとかわいそうな気もする。

 

現に私はGが出るようになってからというもの、掃除をこまめにするようになったし、食べ物の管理などもしっかりするようになった。

(今までの私は掃除が苦手だった)

だから、Gが出たときは

「あ~掃除サボってた罰で叱りに来たか~」なんて段々思うようになっていた。

 

生きとし生けるもの、出来ればうまく過ごしたいよね。

なので、申し訳ないけど室内はガッチリ、室外からはナチュラルにというのが私のGとの向き合い方である。

ぜひ参考にしてみてください。

f:id:omr2227:20210609154347j:plain

こんなアジサイ初めて見た!!