Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

文化が交差する国、トルコ①

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

職場で売れ残った観賞用かぼちゃをもらった。

上司が3つ抱えながら、いらんかね~いらんかね~と私に寄ってきて、いりませんと言ったけど、そう言わず食べなさい、と。笑

f:id:omr2227:20211101102901j:plain

 

え、食べるの…?カッチカチやぞ?

「じゃあ…スープにでもしてみますね。そんでおなか壊して明日のミーティングは休みます」

と返すと、「あ、じゃあ俺も食べて明日ミーティング休む!」

「私も食べてミーティング休む!」

と張り切って手を挙げる上司たち。笑

 

楽しい職場です。

そんなハロウィンだったけど、方やその帰り道かなりショッキングな事件が。

京王線内での切り付け&放火。

私は同じ電車には乗っていなかったけど、同時刻に電車を利用していて、なんだかめちゃくちゃ人いるけど何だろう?あ~京王線止まってて振替輸送かぁ…京王線が止まるって珍しいなぁなんて思ってたらまさかそんなことが起きていたなんて!

同じ車内にいた人が撮った動画を見たけど恐怖でしかない。

また犯行を終えて逮捕されるまでの犯人の様子も撮影されていたけど、これまたなんというか…はぁ。腹立たしい。

「死刑になりたくてやった」ってどうゆう心境なんだろう。こうゆう人をなくしていくことを目指して私は大学に入ったけど、動画を見てなんだか途方に暮れた。

でも学んでいくとまた違った視点を得られるんだろうな。だからこそ今この抱いた気持ちを忘れずにいたいと思った、10月最後の日だった。

 

さて、また海外新シリーズスタート。

最近、イギリスとオーストラリアばかりだったので、今回からはトルコ!

ではでは、飛んで~!イスタンブール!←言いたかった。笑

**********************************

成田から約10時間ほどの直行便でトルコには行ける。

基本的に日本発夜便、現地着早朝である。

そして直行便はターキッシュエアラインズのみ飛んでいる。

このターキッシュエアラインズは何度もベストエアライン等に選ばれていて、シートを取っても、食事を取っても、またCAさんのホスピタリティを取っても、とても快適に過ごせる要素が揃っていて、好きな航空会社の1つである。

(以前、とっっってもわがままなお客様がいて、何度も何度も私を呼び出そうとしていたんだけど、その度にCAさんが、『大丈夫よ!私たちに任せて!あなたはゆっくり過ごしてね』と言ってくれて、そんなこと言ってもらえたの、後にも先にもターキッシュエアラインズしかなかった。お客様のわがままなんて私たちからしたら朝飯前よ!と言って、私には食べ物と飲み物追加で持ってきてくれたことがあった。ただ、最後にはやっぱり呼ばれた。そして大変な仕事してるわね、あなたって言われた。笑)

 

さて、トルコはイスタンブールに到着。

入国審査を受けて、トイレを済まして、荷物を…の前にぜひ両替を。

トルコの通貨はリラ。日本で両替出来るところもあるけど、少ない&レートがあまりよろしくないので、ここ現地に来てから両替することをおススメ。

荷物をピックアップしたら、いざ出口へ!

 

今回のトルコ旅は12月。

さ、さ、寒い~~~!!!

朝の5時ということもあるけど、めちゃくちゃ寒い!

目が覚める!

 

さて、今回は10日間と長旅。

トルコをぐるっと一周します!

なので、イスタンブールにはこれでいったんお別れで、バスで走り去る。

 

しばらく走ったのち、そろそろお腹すいてきたことなので、サービスエリアにて朝食タイム!

トルコに来て、初食事である。

シミットとカフェラテをいただく。(画像見つからないのでWikipediaから拝借しました)

f:id:omr2227:20211101105338p:plain

シミットとはゴマがたっぷりまぶされたトルコと言えばのパン。

朝食やおやつにと広く食べられているパンで街中でもよく見かける。

表面が少しカリッと固く、全体的にもしっかりの歯ごたえのあるパンであんまり甘くはない。

ちなみにトルコってパン大国で、世界で一番パンが食べられている国なんだって。

 

寒い中、あったかい飲み物とおいしいパンでお腹を満たしたらまた出発。

 

お腹もふくれ、空旅の疲れもあり、よく眠ったところで到着。

 

ヨーロッパの美しい村30選に選ばれているギョルヤズ村。

f:id:omr2227:20211101111803j:plain

が、この村が活気があって美しいシーズンとは暖かいシーズンであり、この寒い12月は完全にシーズンオフ。そして朝も早いのでお店も開いておらず、野良犬がたくさん。

 

ここで注意。犬や動物好きな人たくさんいると思いますが、むやみに触らないように!まだ狂犬病の可能性も海外では十分に考えられるし、サルにちょっと手をひっかかれただけで、帰国時成田空港にて、日本に入国出来ず速攻病院送りになったという話は頻繁に聞く。かすり傷と言ってあなどれないので、海外で動物は遠くからそっと写真を撮るだけにとどめておきましょう!

 

ということで、私は皆さんから犬を追い払うことに精を出し、(しかも私大きな犬って苦手で…でもそんなこと言ってられないしねぇ)、どこも開いていないのでガイドさんとカフェに入り暖を取っていたら結局みんな集まってきて、みんなでトルコの紅茶を楽しむ時間となった。笑

f:id:omr2227:20211019112419j:plain

こんなかわいらしいガラスのカップに入れて提供されるトルコの紅茶(チャイ)少なっ!と最初は思うんだけど、飲んでみるとちょうど冷めないいい量なんだよね。

写真のように取っ手があるタイプ、ないタイプ、また下に敷くソーサーもいろんなデザインがあって、私も買って帰った。

 

そんなこんなでギョルヤズ村を後にして、この日はホテルへ。

f:id:omr2227:20211101112840j:plain

トルコのホテル、どこも部屋広々としていてきれいでした。

水回りも全く問題なし!快適に過ごせると思います。

 

ホテルの近くにショッピングモールがあったのでみんなで行くことに。

ガイドさんがこのワイン美味しいよ~と教えてくれました。

f:id:omr2227:20211101113018j:plain

意外や意外!?トルコってワインが美味しい。

行ったらぜひ飲んでみてください。

 

そんなこんなであっという間に1日は終わり。

また明日から大移動が始まるのであった。

**********************************

これからトルコの魅力にどんどん迫っていきます!

お楽しみに☆