Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

文化が交差する国、トルコ⑥

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

昨日ついに!注文した暖房器具が届いた。

今の家に引っ越してから今年で6年目。よく暖房器具なしで耐えたものである。

去年くらいから、いいなと思っていた暖炉風のヒーターを購入しました!

f:id:omr2227:20211116110746j:plain

まるで本物の火のように見えるけどこれはライト。ゆらゆら揺れて、薪も赤く燃えているよう。この電気だけつけることもできるんだけど、それだけで温かく感じるから不思議。笑

下から温風が吹いてきます。

口コミで音がうるさいと見たけど、まぁ大丈夫っしょと購入。

でも本当にうるさかった。笑

 

オンラインで大学の授業受けてる時近くにこの暖炉があると集中できない!笑

まぁ少し離してれば問題ないし、イヤホンにして聞けば大丈夫なのでよしとしよう。何より可愛すぎる。

ということで満足!です!

 


 

 

さて今回できっと最終回のトルコ!

↓前回までのお話はこちらから↓

 

omr2227.hatenablog.com

 

omr2227.hatenablog.com

 

omr2227.hatenablog.com

 

omr2227.hatenablog.com

 

omr2227.hatenablog.com

**********************************

さて我々が次に向かったのは船着き場。

f:id:omr2227:20211019112412j:plain



ボスポラス海峡クルーズです!

 

イスタンブールには皆さんどんなイメージがありますかね?

ちょっと小汚い?笑。イメージがある人も多いと思いますが、いやいや、とても美しい街です。イスラムとヨーロッパが混ざったような街並み。

デッキで風を感じるも良し、室内で窓越しにのんびり眺めるのもよし、です。

 

陸でいろいろ見ても楽しいけど、1度はぜひ海から見てみてください。

とっても美しい街が見れますよ!

f:id:omr2227:20211019112300j:plain

f:id:omr2227:20211019112407j:plain

ちなみにこの写真に写ってる橋、ガラタ橋といいますが、やたらと人がいたのでなんだろうと、クルーズが終わってから見に行ってみたら…

f:id:omr2227:20211019112305j:plain

めちゃめちゃ釣りしてるーーー!!!笑

 

そしてね、こちらではとある有名なグルメを食べられます。

f:id:omr2227:20211019112312j:plain

もうお分かりですかね?

たくさんのお店がひしめき合っています。

f:id:omr2227:20211019112340j:plain

サバサンドです!

実はサバサンドのお店って船なんです!

なので写真を見てもらうと、茶色いテーブルの奥からは海の上なんです。

店、揺れてます。笑 (切ない話をすると、サバは輸入の冷凍物が現在は主流です)

鉄板があって、たくさんのサバが焼かれているのが見えますかね?

あたり一面、焼いたサバのいい匂いでいっぱいです。

この写真の手前のおじさんが手にしているのがまさにイスタンブールB級グルメ・サバサンド。

バゲットに焼いたサバとレタスやたまねぎをはさんでいただきます!

値段は230円くらいで、メニューはサバサンドとドリンクのみの潔さ!

f:id:omr2227:20211116113943p:plain

※ターキッシュエア&トラベル様のHPよりお借りしました

少ないけどテーブルがあり座って食べれます。テーブルにはレモン汁がおいてあってお好みで。サバ自体は塩気があり、レモン汁をかけるとさっぱりしていておいしいです!

ちなみに赤いものはドリンクではなく、ピクルス!地元の人はサバサンドと一緒にピクルスを食べるのが常!そしてこの汁も飲むらしい。

 

そしてここでもう一つぜひ食べてもらいたいものが、こちら!

f:id:omr2227:20211116114714j:plain

(いつも食べてから写真撮ってないことに気付くのでね、メニューの写真しかないw)

 

ムール貝の中にリゾットが入っている1品。冷たい食事なんだけどこれがおいしくてね…!イスタンブールへ行ったらぜひ食べてほしい1品。

5リラ…5つで約60円です!安くてうまいとはこのこと。

ドルマはここだけでなく、他の場所のレストランにもありますのでご安心を。

 

はぁ~一瞬で食べた~! ら!!

お散歩の時間です。

目と鼻の先にある、イスタンブールの台所、エジプシャンバザールへ!

f:id:omr2227:20211019112329j:plain

ここもとんでもない人の数です。

こちらのバザールは基本的には食料品がメイン。

なのでこんなお魚が売ってたり・・・

f:id:omr2227:20211019112322j:plain

焼き栗の屋台があったり。

(栗に目がないので、羨望のまなざしで見てたら1つくれた)

f:id:omr2227:20211019112317j:plain

香辛料やスパイスなんかを買いたいという人にはいいですね!

あとは食材なのであまり買うものはないけど、見てるだけでも楽しいです。

(歩くのすら大変なくらい人いるけど)

 

さて、食後の散歩が済んだら、お次はこちらへ。

f:id:omr2227:20211019112435j:plain

トプカプ宮殿へやって来ました!

場所的にはアヤソフィアやブルーモスクからすぐです。

さてトプカプ宮殿とは、15世紀中旬~19世紀中旬までオスマン帝国の君主が住んでいた宮殿であります。

現在は博物館として保存・修復されているので自由に見て回ることが出来ます。(要入場料)

アヤソフィア側にある「帝王の門」をくぐると第一の中庭と呼ばれる空間が広がっており、ここには昔も現在も一般の人々が自由に行き来できる。

そしてその庭を進んでいくと奥に見えるのが上記の写真の「挨拶の門」である。ここからがトプカプ宮殿博物館となる。

「挨拶の門」を入ると、第二の庭と呼ばれる公式行事に使われた広場がある。また、日本製の甲冑が展示されているかつての国庫がある。さらに進んでいくと「幸福の門」があり、進むと「謁見の間」と呼ばれる建造物を中心とする「第三の庭園」とそれを取り巻く施設群が内廷を構成している。そこで見れる有名な聖遺物といえば、「ムハンマドのマント」などが挙げられるが、個人的に一番興奮したのは、モーゼの杖

あの海を2つに分けた杖ですよ。

ひええぇぇぇ。すごいものあるのね。

そしてここには、トルコ最大級のハーレムもあります。(別料金)

ハーレムは奥まで行くととてもきれいな景色も見れます。

と、見どころいっぱい。

あと大きな壺があったり、根本に人が入れるくらいの窪みがある木があったりと一緒に写真を撮りたくなるスポットがたくさんです(そしてそんなところでガイドさんと撮った面白写真しか残っていない私。)

また、カフェ&レストランもあり、とっても見晴らしがいいのでおすすめ!

f:id:omr2227:20211019112430j:plain

チャイを飲みながらのんびりしました。

ボスポラス海峡。ヨーロッパとアジアを分ける海峡。

そんな場所に位置するトルコ、イスタンブールは昔から様々な国の人が行き交い、文化が交流する都市。

とても魅力的です。

f:id:omr2227:20211116143832j:plain

 

さて、まったりした後は、街歩きへ!

今までいたところは旧市街にあたるので、新市街へと繰り出します。

私たちがやってきたのはタクシムと呼ばれるエリアで、新市街の中心地でもあります。

今までは歴史的な建造物を見てきましたが、ここからは「現代のイスタンブール」!

 

通りにはお店がひしめき合っています。

ただでさえ混んでいるのに、トラムまで通ってガチャガチャです。笑

f:id:omr2227:20211116145544p:plain

※こちらもターキッシュエア&トラベル様のHPよりお借りしました。

 

f:id:omr2227:20211116145840j:plain

ガイドさんおすすめのチョコ屋さん。

ナッツなどが入っている物など種類が豊富すぎて悩みました!

あとはおすすめのB級グルメとしてこちらも教えてもらった。

f:id:omr2227:20211019112231j:plain

ココレッチサンド!

ココレッチとは子羊の腸を串刺しにして焼く料理で、トルコをはじめバルカン半島ギリシャでも食べられている料理。

 

それをはさんでいるんだけど、

f:id:omr2227:20211019112215j:plain

好きな具材をトッピングしてもらえます!

 

腸…ホルモンか…とちょっと躊躇しましたが、郷に入れば郷に従え、せっかくなんだからなんでも食べてみよう!精神なので、えいっと一口。

うま~!!

約200円です。

トルコへ行ったらぜひ食べてみてください!

 

もう書ききれないけど、他にもベリーダンストルコアイスや絨毯に宝石に陶器に…見どころ満載・おいしいもの・お買い物と全部楽しめます!

 

そんなわけで、ちょっと最後に詰め込みましたがトルコ記でした。

 

ヨーロッパと中東、そしてちょっとアジアな要素もあり、どこともまた違う異世界・トルコ。

 

ぜひ次の旅先候補に入れてみてください!

 

**********************************

 

いや~トルコも長いシリーズになった…!

インドが今のところ最長だけどそれに次ぐ⑥まで!

長々とまとまりのない文を読んでいただきありがとうございました!

 

こうやって振り返ると、写真もっと撮っておけばよかったなぁ。てか写真撮るのまじで下手くそ…と痛感。

 

パシャパシャ写真ばっかり撮っているのもどうかなとは思うけど、ある程度は必要ね。

f:id:omr2227:20211019112424j:plain