Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

深夜2時と泥棒。

火曜日、あ〜明日は休み、何しよう。

 

現在深夜2時。

明日はと書いたけど、正確には今日ですね。

最近、帰宅してご飯を食べた後、気付いたら寝てて、起きると深夜or朝方ということがザラにある。今夜も例外なくそれである。

でも明日?今日は週に1度のおやすみがやってきます!ひゅ〜♫

ってことでこのまま起きて夜ふかし。

 

さて、かなり間が空いてしまいました。

気がつけば4月ももう残りわずか。

東京は初夏のような気温で、上着もういらない!という日もあれば急に冷え込んだりと不安定な日々です。

あと、最近雨が多いですね。

4月ってこんなに雨振ったっけ?

 

さて天気も不安定ですが、私のメンタルもかなり落ちていました。

突発性難聴と診断されてからメンタルが落ちる一方で、

(※突発性難聴に関してはこちら参照↓)

 

omr2227.hatenablog.com

薬が効いて、聴力も戻り、目眩もなくなったので私は無事に完治したんだけど、どうもこのグラグラな世界に書いた日の、目眩が酷かった日のことがトラウマになっており(それくらい瀕死だった)運動と飲酒をするのが怖くなってしまい、特にあれから1滴もお酒は口にしていない。

(酔った感じと目眩の感じが似ているため、怖くて飲めない)

運動に関しても、というかあまりヘトヘトに疲れてしまわないように気をつけているけど、相変わらず遅れそう!で駅まで走ったり、あと筋トレはちょこちょこするようになった。

まぁあまり焦らず運動に関しては徐々にしていこうと思います。

 

そんなこともあり、さらに4月から環境が変わったこと、そして今まで働いてきた花屋が猛烈にストレスとなっており、いくら自分でメンタルを持ち直しても、また崩れてしまうことが増えて、もう低空をデフォルトにしようと、6割位のメンタルで凌いできた。

 

なにかメンタル回復出来ることはないかと鈍くなっている頭で考えるとやはり浮かんだのはソナタさん。

 

電話してみるか。とかけてみた。

出ないかしらねぇ・・・それなら諦めようと思ったら、出た。

 

元気〜?と聞くと、元気ないとソナタさん。

(やはりか、最近連絡なかったもんな)

やっぱり、波動が感じられなかったもんと返すと、

「それは、距離の問題だ!」と笑うソナタさん。

元気か〜?との問いには、いやあんまり、と私。

 

2人とも元気ない〜!!!笑

 

ただね、やっぱりね、話してると、元気になってくるんだよなぁ。。。

 

2人でギャハギャハ爆笑したり、真剣に話したり・・・

なんだかんだで1時間話して、最後に

「元気になった?」と聞くと

「元気になった^^!元気になった?」

「元気になった!」

と2人とも元気を取り戻して終わった。

 

はぁ〜♡パワースポット!!!

 

さて、先日久々に美容室へ行ってきた。

いつもの美容師さんと全く予定が合わなかったため、同じ美容室でいつもの美容師さんの師匠にあたる人に15年ぶりにお願いすることに!

元々はその人に当時付き合っていた人が切ってもらっており、当時美容室難民だった私を連れて行ってくれたのが始まり。

その時にアシスタントだった今の美容師さんと仲良くなり「実は次からスタイリストデビューする」とのことで、じゃあ私はあなたにお願いしますということで、いつもの美容師さんとはそれ以来の付き合いである。

歳も近く、出身地も近いので親近感。

そして向上心が高く、今では独立して自分の店を持ち、そこで師匠と共に働いているのだ。

 

さて、師匠は美容師界ではその名を知らない人はいないんじゃないかという程の有名な人である。そんな人にしかも15年ぶりに切ってもらうので緊張である。

 

結果から言うと、めちゃくちゃ的確で、さすが!!!でした。

いつもの美容師さんはね、長い付き合いなのでざっくりとかなり抽象的な希望を出すと、了解〜と汲み取ってくれるので、楽で。

しかし、今回の師匠は少しの質問でそれを見事にこなし、パパパ!となりたいイメージと現状の悩みを汲み取り、そしてそれを同時に解決してしまった。

 

すごいと言われる人や目立ってる人って、やっぱりすごいんだなと思った出来事であった。(語彙力)

 

あとね、アシスタントの子とカラーをしてもらってるときとシャンプーの時に話したんだけど、その子の話にもかなり元気が出た。

ことの始まりは、なんで美容師になったんですか〜?という私の質問から。

(私、どの職業の人にも結構これ聞いてしまう…笑。きっと自分の中になにかあるんやろうな)

 

その子は、大学2年の時に美容に目覚め、勇気を出して行ってみた有名美容室でしてもらった施術に感動して、私も人をきれいにする仕事をしたい!と思ったからなんだって。

 

ん?大学生?

色んな人がいると思うけど、美容師さんって基本は専門学校出ないと資格取るの難しいと思うから、大学生って珍しい?と思って突っ込むと、

そうなんです!だから3年生までに単位を頑張って取って、4年生から夜間の美容学校も通って。大学は親に行かせてもらってたから、専門は自分のお金で行きました!

夜間だけど、通常の専門と同じように学べるってことで週6で授業があって。

で、卒業して1年は昼間は働きながら、夜は学校へ行ってました。

夜間なだけあって生徒も年齢がバラバラで40代の人もいて。でもほぼほぼ毎日一緒に過ごして一緒に頑張ってきたので、家族みたいな感じでとても仲良くて、今でも仲良しです!

 

めちゃくちゃ偉い〜!!!!!

ちなみに、大学は、なんと心理学専攻だったとのことでその話でも盛り上がった。

 

私、ほんと目の前のことに一生懸命に生きてきて。で、これからの人生もちろん楽しみなんですけど、早くおばあちゃんになってのんびり出来る日々を送るのがとても待ち遠しいですって言ってて、素敵だなぁ〜って深く関心してしまった。

 

若い時にそんな感じでがむしゃらだったので、そしてコロナもあり海外旅行にも行ったことがないので、この先行けるようになったら色々行ってみたい!とも話していた。

 

とてもニコニコ、キラキラした笑顔で話しているのが印象的で眩しくて、あ〜日々に文句を言ってストレス溜めまくってる自分に反省した。

 

私ももっと日々に夢中になりたい。

 

反省繋がりで、私もこんな風になっていないだろうかと最近気をつけていることがある。

それは、会話泥棒である。

 

会話泥棒とは、いわゆる聞いてほしい話があって話すと

「あ、わかる〜!私もさ〜・・・」

ってな感じでいつの間にか相手が自身の話をしており、こちらの話は触りだけで全く出来ないという現象である。

 

最近、この泥棒によく遭う。

これさ、話聞いてほしい時にされるとかなりストレスなんだよね。笑

私の周りにもこれがデフォルトの人が何人かいて、その人にはあまり自分の深い話はしないようにしている。会話泥棒にあっても別にいいやという話題しか話さない。笑

 

友人の中で、それが原因で破局した人もおり、その子曰く、

「話を聞いて、共感するために自分の中にその経験がないか探して、あ!これだって見つけた方が自分も話を聞きやすいんだよね。つまり共感してるんだけど、相手からすると、「また会話会話取られた。俺が話してるのに」って思っちゃうみたいなんだよね」とのこと。

例えば

「そこのタンスに足の指ぶつけてさ、」

「あ〜痛いよね!私もこの前さ、歩いてる時にね・・・うんたらかんたら」

「・・・(お前の話かよ)」

 

って感じです。

友人曰く、その話のあとに、で?って聞いてるみたいだけどその頃には相手は話す気がなくなってるとのこと。

 

そりゃそうやわ!!!笑

 

今日、職場の先輩がまさに会話泥棒・・・というか、自分の話しかしないタイプだと気付いて、あ〜・・・って思った。笑

 

明日の休みが終わったらGWはぶっ通しで勤務だから、明日はなにかパワーチャージ出来ることしようっと♫

 

なんだかとりとめのないブログになってしまった・・・

まぁいっか。寝よう!