Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

梅雨と映画の相性の良さよ。

火曜日、珍しく今日は二本立て、何しよう。

 

珍しく1日に2回アップです。

 

ついに関東は梅雨入りしましたね。

東京は今日は朝のうちは少し太陽が見えていたけど、お昼すぎから雨、そして夕方には上がっていました。

そんな今日、シーツを洗って…と先程書いたけど、我が家は間取り的に、

布団を干すのが難しい。

というか恥ずかしながら告白すると、私は今の家に越してくるまで、

布団を干す習慣がなかった。笑

 

今考えると恐ろしいですね。

 

今の家に住んで、今年で7年目。

3年目を過ぎたあたりからGが出るようになって、私の清掃の基準というものが覆され、布団を干したいと思うようになった。

チャレンジしてみたものの、掛け布団が限界で、敷布団は干せそうにない。

(窓枠的にも空間的にも)

そんなことをふと母に漏らしたら(今まで干したことなかったとは口が裂けても言わない)、布団乾燥機をかければいいのよと。

 

そういえば、実家はきちんと定期的に布団を干してくれていて、梅雨時なんかは布団乾燥機というものをかけていたな?とおぼろげに思い出す。

 

そして、実家に余ってるから今度帰ってきた時に持っていきな〜と母。

 

こんなやりとりがあったのが4年ほど前。そしてもらってきて私は布団乾燥機の凄さに驚かされることとなる。

布団を干せない家庭はまじでマストである。

 

最近忙しさにかまけて、転職してからかけれてなかったなということで、かけてみた。

 

3時間ほどのコースにしてかける。+ダニ退治コース。

今日は肌寒かったので、音風コースにしたおかげて部屋も温かい。

 

かけ終わったら、布団の隅から隅まで、敷布団も掛け布団も掃除機をかけると…

 

信じられない量のホコリが…!!!

これって布団の綿とかもあるけど、きっと顕微鏡で見ると億単位のダニの死骸…ゾッ!!!

 

部屋中を掃除機かけたときのゴミよりも量が多いのである。

 

皆さんは、干せるならこまめに布団は干しましょう。

干せない人は今すぐ布団乾燥機買って!!!

 うわ!BRUNOも出してるんだね…!かわいい!おしゃれ!

我が家のはもう年代物で、多分私が生まれた頃のものなんじゃないか・・・?え、30年超え?ビンテージやんか。笑

てかそれでも使える日本家電ってほんとすごいよね。

 

あと布団乾燥機かける度に思うのが、レイコップ買おうかな…である。

 

でも掃除機でこれなんだから、レイコップでかけたあとのゴミを見るのが怖い…笑
 
あと、布団乾燥機かけるとほんとに布団がフッカフカになるので、今日寝るのが楽しみである。絶対爆睡&熟睡間違いなし。
シーツと枕カバーも洗ってランドリーで乾燥機にかけてきたのでフカフカだし。
睡眠の質を高めるためにも、寝具は清潔で心地良くしておきたいものです。
 
*************************************
 
さて、アマプラに加入してからというもの、テレビ離れが加速して、アマプラばっかり見ている。
帰宅して、晩ごはんを食べながら観る。
映画を選んでしまうので、ついつい全部観てしまって、結局勉強も何もしていない日々。笑
パソコンで観ているので、パソコンもふさがってしまいブログもおろそかに。
テレビで見れるように設定するか悩む。
そんなアマプラ中毒気味な私が最近観たおすすめ映画をご紹介。
 
ホテルムンバイ
 

 
サラッとインド映画でも観よう〜とタイトルだけ見て再生してみたらあらま…
2008年に実際に起こったテロ事件が題材となっているもので、緊張感がやばかった…。
市内で同時多発テロが発生し、ホテル・タージ・マハルにもテロ犯が占拠し、ホテル従業員が必死にお客様を守る。。。
身重の妻がいるからと解雇を取り消してもらいまた働けるようになったその日にテロが発生してしまう主人公。
生まれたばかりの子とそのベビーシッターを連れてホテルを訪れた富豪夫婦。
夫婦で食事を取りにレストランを訪れた際にテロが発生。
部屋に残る我が子とベビーシッターを助けるために、犯人の隙を見計らって部屋まで行こうとする夫。
もうね、銃装備したテロ犯に見つかったら即射殺されるから、見てるこっちがヒーハーヒーハーして、心臓に悪い。
そして銃社会に生きていない私たち日本人は、いっぱつでやられるんやろうなと。。。
アメリカ人旅行者が登場するんやけど、たまたま入ったレストランにテロ犯が来て、目の前のボーイが撃たれた時にすぐに「伏せて!!!!!」って彼女や周りの客に言うシーンがあるんやけど、これ銃社会を知らないと出来ないよなぁと。。。
棒立ちか、ギャー!!!って叫んでその場から動けんか。。。どっちにしろ棒立ちか。
とっさに伏せれるかと言われると疑問。
身を護るために撃てるかといわれたら扱い方も知らないから撃てないだろうし…
あと、テロ犯はイスラム教徒で、容赦なくホテルのお客さんやスタッフを撃っていくのね。でも1人、中にイスラム教徒の女性がいてずっとコーランの教えをブツブツ言ってる人は最終的に撃てなかったシーンがあって。それも衝撃だった。
宗教、日本には神道や仏教が伝わっているし、生活に溶け込んでいるけど、やっぱり他の国と比べると信仰心は低いし、絶対的なものもない。
同じ宗教の人が教えを(教えっていうのかな。ちょっと日本語が浮かばない…劇中の字幕ではもっといい言い方をしていたけど思い出せない)口にしているだけで制止力になるというのが。。。にわかに信じられないというか。
 
これが文化の違いなんだなと。
あと、いくら仕事とはいえ、見ず知らずのお客様のために命の危険をおかしてまで守ろうとするホテルスタッフに本当に拍手。
 
テロでかなり破壊されてしまったけど、再建して今も運営してるホテルらしいので、一度訪れてみたいな。
 
決して晴れやかな気持ちにはなれないけど、色々と考えられる作品で、ずしっとくるものがありました。
 
あんまり何も考えずに観れるからと、アマプラでは邦画作品を観ることが多かったんだけど、異動先が語学が使えた方がいいということで最近慌てて洋画観てる。笑
 
なまりまくってしまった私の語学力、果たして戻るのだろうか。笑
 
あと、英語だけじゃなく最近勉強も兼ねてイタリア映画も観るようにしてるんだけど、まだあんまり面白いイタリア映画に出会っていないので、なにかおすすめあれば教えてほしいです。
 
ちなみにアマプラで色々見れるので世界の映画を見てみたら、私はどうやらフランス映画が好きらしいと発見。
フランス映画って面白いもの多いね!
また良かったもの、紹介したいと思います。
明日朝が早いので今日はこの辺で!
 
さぁ、フカフカ布団で寝るぞーーー♪

待ち受けにすると金運が上がると言われているマリーゴールド
確かにちょっと金運上がってきた気がする・・・!!!