Hello!! from Tokyo.

東京に暮らすアラサー女子の徒然日記です。色々発信していきます。

MENU

魔女の一撃

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

ついに明日からまた1つ新しい仕事が始まる。

明日始まると、このあと2週間ほど休みがなくなる。

気合いを入れていこう!!

 

とそんなことを思っていた一昨日の夜…

 

いつものように勉強をしていた。自宅のデスクで。

最近確かに腰が痛いなと思っていたけど、勉強し始めて2時間が経った時、私は猛烈な激痛で動けなくなってしまった。

いや動けるのは動ける。しかし激痛である。

これはやばいと、ベッドに横になるも激痛。

夜中に何度も何度も目が覚める。痛い。

 

翌日、朝起きたら治っているかと思ったのに…

治ってなかった。どころか増していた。

これはまじで危険であると察しながらも、身支度を整え、なぜか靴紐を結ばなければいけないコンバーススニーカーを選んで履き、(人間、限界を超え始めると不可解なことをすると私は思っているけどこれはいい例である)ぜぇぜぇ言いながら家を出た。

ドラクエ風に言うとHPはもう残り5くらいであった。

 

恐る恐る歩いてみると…あれ?歩いている方が痛みが少ない…!

これは行ける!と思ったけど、どうやら可動領域が限られているようで、その領域を超えると激痛が走る。領域を超えない歩幅をさぐりながら歩き、電車に乗り座る。

うおっ!!!!

座るのは危険らしい。激痛。しかし1時間弱、満員電車で立っていられる自信がなく、そのまま揺られる。

 

その日はコルセット替わりにとウエストのキツイ、ロングスカートを履いていたのでゆったりした格好だった。駅を降りてすり足であるく私はきっと妊婦さんに見えていただろう。

職場について座るとやはり痛いけど、我慢できなくもない。

定期的に立ったり、歩く仕事がちょうど多かったのでゆっくりと慎重に仕事をこなしたのだが、そんな日に限って私の万歩計は、退勤時間にすでに1万歩を超えていた。(いつもは4千〜5千歩くらい)限界だった。

駅前の整骨院へ行こう、そうだそうしよう。と決意し歩いていると段々涙目になるくらい痛い。痛い。もう腰が折れそうだ。

ソナタさんに連絡してみたらすぐ既読になったけど、返事はない。

辛い。。。なんだこの塩対応は…

 

飛び込みで入った整骨院は、予約でいっぱいのようだったけど、私の姿を見るなりすぐに診てくれた…有り難い。

 

そこから私は絶叫するのであった。

 

患部には最初に触っただけで他の部分に力を加え、整えてくれていたんだけど、頭に首に顎に、お腹、太ももに二の腕に足、もうどこも激痛で、猛烈に汗をかき、そして猛烈に体力消費した…

 

周りの患者さんから「可哀相に…」という声が、意識が遠のいていきそうな中、私の頭に響いた。

うるさくしてごめんなさいね…今なら謝れる。

 

30分ほどの治療を経て、先生から『酷い体』の称号を獲て、近くの薬局でコルセットを買う。

 

店員さんに『コルセットはどこですか?』と聞くだけで

『いつから?』とすべてを察する店員さんはすごい。

 

トイレで装着する。

あぁちょっと楽だ…いやかなり楽だ…なんだコルセットすげぇ…発明した人にノーベル平和賞あげたい。

 

すれ違う小学生を目にするたび、

『君たちは腰なんて痛くないんだろうね』

なんて思う。

ランニングする人とすれ違うたびに、

『あなたは腰痛くないんですね』

と思うほどに私の世界は灰色だった。

 

先生から、『帰りの電車座らないように。少しならいいけど…多分立てなくなりますよ』と言われていたので、2駅分くらい座ってあとは立って過ごし、ヨボヨボと歩いて帰宅した。

 

絶対安静とのことだったので今日もベッドの上で過ごしつつ、様子を見ながら、明日からの仕事に備えて近所を少し散歩してみた。

なんとかなりそうで安心である。

いや痛いけど、これくらいならなんとかなる←言い聞かせ呪文

 

筋肉を使いすぎor使ってなさすぎで固まってしまってこうなってしまったそうな…

 

ぎっくり腰って別名:魔女の一撃って言うんだってね。

 

ドラクエ風に言うと、会心の一撃だな。

 

大ダメージですよ。誰かベホマかけてくれ…

 

とりあえず明日に備えて今日も早く横になろう。

このブログ書き始めて20分、段々と腰が痛くなりはじめたのでこのへんで。

 

みなさんも気をつけてね。

 

東京は今日はめちゃくちゃ暑い日っだったのに夕方からどしゃぶり&すごい雷。

今おさまってるけど、明日は嵐らしいし。

今日の朝、地震もあったし、コロナ感染者もまた1,000人超えてきそうだし。

先の読めない世の中になったもんだ。

f:id:omr2227:20210501214112j:plain

 

やりたいことだけはたくさんある

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

今日はみどりの日で祝日。明日は平日だけど、緊急事態宣言がまた発令されたこともあり、いやそれとは関係なく?今日からゴールデンウィークの始まりだという人も多いと思う。

私はというと大学自体はオンライン授業が多くなっているので、校舎に生徒の姿はほとんどなく、正直働き始めてから、授業が行われているのか行われていないのかさっぱりわからない 笑

それくらい私は学生とはあまり関わらない部署にいるのだ。

で、基本はカレンダー通りの勤務なので、明日は普通に出勤である。

そして来週の木金も普通に出勤である。

4月に入ったばかりなのでまだ有給はない。あればこの3日間休みということも出来たんだけどね。

 

ちなみに私は元々、これをやってみたいということがあって前職を辞めたわけだけど、ついにその職で採用してもらった。

しかし大学で働き始めてしまったのでしばらくかけもちで働かせてもうらようになった。その職は、土日祝日に働かせてもらうので、このゴールデンウィークもそっちの仕事をすることになる。

つまりしばらく私は休みなく働くことになる。

20代の頃はバリバリ働いていて、しかも中々の激務だったので何ともなかったけど、30代の今、しかも去年からコロナもあり『あんまり働いていない』のがスタンダードになってしまっているので大丈夫かなという不安もあるけど、よし!頑張るぞ!というワクワクが大きい。

そう、私は暇が苦手なのだ…

まさに回遊魚タイプ。必死に働くことで輝けるタイプだと思う。笑

まぁでも大学の勤務が時間が短いのでそこでしっかり体力を温存して、土日祝もしっかり働いていこうと思う。もちろん大学の仕事もしっかりやる。

頑張るぞーーー!!!

 

そして私はその土日祝の仕事に使えそうだなということで資格を取ろうと思って勉強している。

色彩検定なんだけど、元々新卒でアパレルの会社で働いており、そこで色については学ばせてもらった。その分土台があるので勉強しやすいし、へぇ〜ほぉ〜!って思うことも多いので勉強していて楽しい。

6月の試験に向けてまずはしっかり頑張るぞ!

っとここで書き出しておくと、頑張らざるを得ないと思うのでしっかりやる。

 

そしてこれは私の生きる上での目標であり、モットーで、小学6年生のときからの思いなんだけど、

『世界中の人と話をする』というのがある。

 

これは何かというと、小学6年生の時、修学旅行で京都に行った時、外国の人に話しかけられて、よくわからなかったんだけど、先生が訳してくれて『あなたの服とっても可愛いわね』と言ってくれたみたいで。

私はサンキューくらいは知っていたので、サンキューと恥ずかしながら言ってみると

『you are welcome!』と返ってきた。

 

その会話は小学6年生の私をときめかせるのには十分過ぎるくらいの威力があった。

特に話しかけてきてくれた人は金髪に青い目のいわゆる『THE 外国人』だったので、意思疎通が出来たということに感銘を受けて、それからというもの、私は学校の作文などで目標や将来の夢を書く時にはすべて『世界中の人と話をする』という気持ちがベースになっていた。

 

そしてそれは今でも変わりはない。

なので、やたらと外国語を学びたくなる。笑

 

英語は大学に入って学んでいたのと、旅行業界にいると必然的に使うので大丈夫だけど、まだまだだなと思うからもっとしっかり勉強したい。

現在オンライン英会話をしているけど、政治のこととかビジネス関連のことになるとうまく話せないのでもっと勉強したい。単語力!

 

あとは仕事でイタリアに行く機会が多かったのでイタリア語を学んでいたけど、ここ2年くらいお休みしていたので、すっかり抜けてしまった・・・簡単な文くらいなら読めるくらいまで勉強していたのに何とももったいない…

 

ロシア語は、当時の彼がロシア語スピーカーで、勉強してみなよとの勧めで始めてみたけど(やはり語学は恋愛が絡むと習得スピードが早くなるよねw)、これまたおやすみしていた期間にすっぽり抜けてしまって、『読み』だけは出来るという何とも超初級者である。。。笑

 

他にも、昔から中国語勉強してみたいなぁというのもあったし、最近はフランス語にも惹かれている。(フランス留学したいなぁ…と最近ぼんやり思ってる)

 

大学の第二言語スペイン語だったので、スペイン語話せる方がイタリア語話せるより強いよなぁと思いつつ、とても似ているスペイン語とイタリア語だけど、どうやらイタリア語の方が私には相性が良いみたいで、イタリア語の方がすんなり習得出来るという…(スペイン語の成績あんまり良くなかったwスペイン語検定5級?4級?は持ってるけどもはやトイレどこですか?くらいしか言えないw)

 

そうそう、何事にも相性ってあると思うけど、色んな言語に触れて、言語にも相性があるなととても思った。

上記のように私は多分スペイン語よりイタリア語の方が合っているみたいだし、そしてドイツ語はとても合っていない。笑

合っている合っていないの基準だけど(あくまでも私個人の意見)すんなり頭に入ってくるか入ってこないかだと思ってる。

いや多言語なのですんなりとは頭に入ってこないものも多いけど、合わない言語というのはまぁ本当に!全く頭に入ってこない!記憶の片隅にも残らない!笑

ドイツ語がまさにそれで、何度も行っているのに私は数字すら覚えられない…

これはドイツの人が流暢な英語を話せる人が多いのでついそっちで話してしまうっていうのもあると思うんだけど、でもせっかくなら現地の言葉を頑張って使いたいじゃないか。

日本でも、外国の人が必死に日本語で話してくれようとすると嬉しいよね。それと一緒で。

でもドイツ語だけはどうしても入ってこない。笑

のでドイツ語だけは合ってないんだなと諦めている。。。

(ごめんなさい)

 

と、思うだけ思って、中々重い腰が上がらないのが現実…いやいや、結局やるかやらないかだね。

 

語学は継続が大事!まずはイタリア語の復習から始めて、秋のイタリア語検定に挑戦してみようかな!

 

あ〜あと簿記も取りたいんだよなぁ…簿記も継続して勉強しよう。

暇だ暇だと毎日嘆いていたけど、全然暇じゃないじゃん!!!笑

 

こういうステイホームな時こそチャンス!と思って、時間管理しっかりして勉強するぞ!

私は、一気に成果を求めてしまうかなりのせっかちなのでコツコツやるのがどうやら苦手である…そこも勉強を通して直していきたいところである。

f:id:omr2227:20210429174510j:plain

折り紙で折られた花たち。

これこそコツコツの極みだよね!!

めちゃくちゃ素敵だった!

てんとう虫と本。

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

昨日の夜、友達から

『明日から温泉に行きたいんだけど、いまいちピンと来るところを見つけられない!どうしよう』

と連絡が来た。時間は22時を回っていた。

え?明日??笑

 

とりあえず、おすすめ温泉を送ったら、早速予約が取れたようで、

『めちゃくちゃ素敵な宿だよー!本当にありがとう!』

と、写真付きで今日の夕方に連絡が来た。

 

す、すごい!その行動力、私も見習おうと思った出来事であった。

 

私はと言うと、今日は前職の上司と会っていた。

家が近いので、いつも近所の不二家レストランで食事するのが定番になっている。

そして我々は約4時間、お互い言いたい放題喋るのであった。笑

なかなかいい関係だと思う。

 

そして帰りに図書館へ。

通勤が片道1時間ほど、そしてそのうち45分は電車に揺られていてほぼ座れるので私はその時間を読書の時間に当てている。

つまり1日1時間半、読書の時間が取れるのだ。

これはとてもいい時間で、元々読むのが早い私は今週2冊読破した。

その2冊とも良かったので、今回はそのお話。

 

1冊目:虚ろな十字架  東野圭吾

 

あらずじをwikipediaより引用。

11年前、娘を強盗に殺害された中原道正は、当時の担当刑事だった佐山の訪問を受け、今度は離婚した元妻の小夜子までも刺殺されてしまったことを知る。小夜子とは、娘殺害の犯人の蛭川が死刑になることだけを望んで、裁判をともに戦った過去があった。犯人の死刑を望まない被害者家族はいないが、中原も小夜子も、「たとえ犯人が死刑になろうとも娘は戻らない」という虚しい事実に直面したのだった。

離婚した後はお互い連絡し合うこともなかったが、小夜子が離婚後も精力的に行動していたことを、事件の後になって知る。それは、娘の死を乗り越えるためという目的は同じだったが、そのために中原が選んだ道とは正反対であった。小夜子を殺害した犯人は自首してきたが、それも情状酌量となりそうで、とても死刑判決は出そうにもない。しかし孫と、今また娘までも殺された小夜子の母の里江は死刑求刑を願い、中原も元夫として関わって行くことになる。

 

私の好きな作家の一人、東野圭吾さんの作品で読んだことなかったので読んでみた。

死刑制度というのが1つの題材になっている本作品。死刑制度は世界的に見ると撤廃を求める動きが強いように思う。現に、廃止にしている国も多いし、日本で刑が執行される度に抗議が人権団体や諸国から届いている。

賛成か反対かは人によって大きく意見が分かれると思う。

ただ遥か昔からずっと死刑がある国、日本においてきっとこの先もなくならないんじゃないかなと私は思う。

殺されてしまった側、つまり被害者遺族からしたら犯人を死刑にしてくれ!と思う気持ちはよくわかる。そして加害者家族からしてもいっそのこと…と思うかもしれない。

しかし国が、法が、何よりも尊い『命』を奪っていいものなのか。

そんなところで死刑執行について賛否がわかれているんだと思うけど、この作品に関してはもっと先に進んでどうなんだろうか?と投げかけているように思う。

 

例えば、上記のあらすじにもあるけど、被害者家族である中原夫婦は、娘を殺されて絶望と悲しみと憎しみの中にいて、それでも『犯人を死刑に!』という思いが支えとなり日々過ごしてきた。いざ死刑が確定したら、今まで『死刑に!』という一種の支えに憎しみや悲しみやすべてのものを向けてきただけにそれが達成されてしまうとじゃあその感情は次にどこに向けていいのかわからなくなっていた。執行されても、その感情が消えることはないし、どうすることも出来ない。ただただ虚しくなるだけだった。

そして、犯人の弁護をしていた弁護人側からの話も興味深かった。

中原夫婦からしたら、なぜこんな奴を弁護して、死刑を回避させようとするのか、ただただ敵としか思えない弁護人。

しかしその弁護人曰く、死刑は犯人から反省や更生の機会を奪ってしまうとのこと。

実際作中では最初は死刑ではなかった。その時まで犯人は、被害者や被害者遺族に対して謝罪の言葉や反省の色を見せていたが、被害者側が控訴して死刑になった途端、

『もうめんどくさい』と言って上告もせず全てを放棄してしまった。

自分の人生が決まってしまったら、もう反省や更生、生きる気力さえも全く放り投げてしまったのである。そんな姿を見て弁護人は、死刑とは全く意味がないと話していたシーンが印象的だった。

この作品では、死刑にしないと気がすまないし、でも死刑がないならないでじゃあどこに気持ちをぶつければいいのかわからない。でも例え死刑が執行されても虚しいだけ、また相手の謝罪の念や更生の機会まで奪ってしまうことに何の意味があるのかというところまで展開されていて、『う〜ん…』と唸ってしまう作品であった。

 

ストーリー自体は、東野さんらしく、どんどん引き込まれていって少しずつ謎が解けていって、それはそれはもうあっという間に読み終わった。

とても読みやすい文章なので気になった人はぜひ。

 

そして2冊目は マラケシュ心中 中山可穂

 

この作家さんははじめまして。そして裏表紙のこのあらすじを読んで読もうと決めた。

「恋がいつか必ず終わるものなら、わたしたちは恋人同士になるのはやめましょう。何も契らず、何も約束せず、からだに触れ合わず、それゆえに嫉妬もない、(中略)この世で最も美しい友になりましょう」(本文より)

1冊が東野圭吾さんのミステリーなら、もう1冊はこれくらい熱い恋愛ものにしようと思ったのだ。

そして、自分に反映出来るものがあれば反映しようと思って手にとったのだ。

 

わくわくしながら読みすすめること4ページ目くらい。

なんと!女性同士の恋愛の話だった!!!

調べると中山さんは女性同士の話を書いているものが多いのだとか!

しかしね、やはり同性同士の恋愛って濃いものが多くて、この作品もそれはそれは濃くてそして重くて!読むのが大変…って序盤は思ってたんだけど、段々段々引き込まれていってもう中盤からは一気に読んだ。面白かった。

タイトルにマラケシュと入っている通り、マラケシュ…つまりモロッコや他のヨーロッパを後半からは旅しながら話が進んでいって、文だけなのに目の前にその街の情景が広がり、自分もそこに降り立ったような気持ちになれてとても楽しかった。

特に私は仕事でヨーロッパに行く機会が多かったから、その景色をリアルに目の前に思い浮かべることが出来て、そういう意味でもとても楽しめた一冊だった。

しかしまぁこんなに激しい恋愛、してみたい気もするけど、大変だろうなぁ…

20代の頃はまわりに女性同士の恋愛をする人が何人かいて(その頃私は新宿二丁目に入り浸って遊んでいた)男女や男性同士にはあんまり見られないほどのドロドロ劇をよく聞いたりしたもんだけど、作品の中でもそれはやっぱり展開されていて、女性同士の恋愛って、やっぱり女性は感情が豊かな人が多いし感情的になる人も多いからそうゆう傾向があるのかな、なんて思ったり。

 (あとがきには中山さん自ら、こんなに書くのにしんどかった作品はない的な言葉を残していて、たしかに全力が感じられる…と思った)

ロッコは行ったことないから、この話を読んだら行ってみたくなった!

(なんて呑気な感想。笑)

 

今日新たにまた4冊仕入れたので、読むのが楽しみ!

2020年、あんなにステイホームして時間はたっぷりあったのに意外とそんなに本を読んでなくて年間でたった13冊読んだだけだった。

しかし、今年はすでにもう15冊読んでいる。笑

 

長い通勤時間も悪いもんじゃないなと思えた瞬間である。

 

そういえばこの前歩いてたら、目元に黒い何かがぶつかってきて、イテっ!とその黒いものが落ちた先をみたら、てんとう虫だった!

f:id:omr2227:20210424222004j:plain

てんとう虫なんて見たのは何年ぶりだろう!

しかも黒い方のてんとう虫なんてさらに久しぶり!!春だ〜!なんて嬉しくなったのであった。

この後近くの葉に乗せたら、新緑にとても映えてとっても綺麗だった。 

大地の始まり、アイスランド③

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

目覚ましをかけなくても、いつも起きる時間に目が覚める。

でも今日は休みということでゴロゴロ。

お腹が空いて、ご飯食べて、見れてなかったドラマ見て、また寝る。

今日はお買い物に行こうと思ってたけど、雨だし明日にしよう〜ってことで思う存分ゴロゴロした。そして英会話をして今である。

来週末からは多分仕事になるから、そうすると休みがなくなるのでこうやってゴロゴロするのもしばらくお預けかと思うと、こういう過ごし方を尊く感じる。

 

さて、途中で止まっていた、アイスランドの続きを今日は書こう。

が、なんだかこのアイスランドでの写真が妙に少ない。多分必死だったんだと思う。

(初めて行ったし、全英語だし、久しぶりだったし、繁忙期で飛び込んだし)

なので文多めになりますがそれもご愛嬌ということで、アイスランドへLet's Go!!

 

↓前回までのお話はこちら↓

 

omr2227.hatenablog.com

 

 

omr2227.hatenablog.com

 ②を読み返しててまんまとピザが食べたくなった・・・

 

*******************************************************************************************

さてこの日はメインイベントでもある、ブルーラグーンとギャウに行く日。

アイスランドといえばの目玉の2つである。

 

まずはブルーラグーンへ!

と、ブルーラグーンまで車で3時間、前の記事で述べたように、冬のアイスランド1日の日照時間はたったの4時間である。☀

真っ暗な中出発した。

何も景色は見えない、真っ暗。

そして猛吹雪で3m先も見えないような日だった。

初めて雪が怖いと思った日でもあった。

 

しかしそこは手慣れた地元のドライバーさん、私たちを無事に送り届けてくれた。

余談だけど、この旅のドライバーさんとガイドさんはとても仲が悪かった。笑

お互い初対面だったみたいなんだけど、どうも気が合わなかったみたいで。

(ちなみにふたりともとてもいい人だった)

例えば一緒に食事していて、私がアイスランド語を話せないので英語で会話してくれていたんだけど、ドライバーさんが調子いいことを言うと(私は別に”面白い人だな”くらいで笑っていた)ガイドさんが怒って、アイスランド語で、「そんなことを言うものではない!下品よ!」などと言って喧嘩していた(多分そんな感じ。アイスランド語はわからないけどなんとなく雰囲気で何話してるかわかるよね)

 

さて、ブルーラグーンへ到着。

そもそもブルーラグーンとは?という人が多いと思うので解説。

ブルーラグーンとは簡単に言うと温泉。前回の②で少し触れたけどアイスランド地熱発電が盛んである。このブルーラグーン地熱発電所で組み上げた地下熱水の排水を利用しているので天然温泉ではないが温泉である。

ちなみに海水であり、白濁した乳白色の温泉水にはクレンジング効果の高いケイ素やミネラルが豊富に含まれており、美白効果や皮膚病治療にも効果があり、そのために訪れる人もいるほど。

水温は大体39度ほどに保たれていて、ちょっとぬるいくらいなんだけど、逆に長く浸かってられるので気持ちがいい。

またその広さがすごくて、なんと総面積5,000平方kmという露天温泉では世界最大なのである。面積5,000平方kmって・・・千葉県くらいの大きさである。まぁ施設として私たちが入れる部分は限られているけどね。しかし広いに間違いはない。

 

f:id:omr2227:20210417221114j:plain

溶岩の上に雪が積もっている。

雪の白と溶岩の黒のコントラストが綺麗。

駐車場から施設の入り口まで溶岩の間を歩いていく。

 

f:id:omr2227:20210417221213j:plain

こんな景色、そうそう見られるものじゃないから、もう感動しっぱなしだった!

(なんか地の果てって感じだよね)

みんな写真を撮りながら入り口に向かう。

 

ちなみにブルーラグーンは予約制で時間指定もあるので、必ず事前にHPから予約をすること!〜13歳までは無料で14歳以上から有料になるよ。

www.bluelagoon.com

 

施設内には、レストランやカフェもあって1日中のんびり出来る。

確か併設してホテルもあるのでもう泊まっちゃうというのもあり。

アイスランドツアーに参加するとほとんどがこのブルーラグーン入場が含まれているんだけど、旅行会社やツアープランによって滞在時間が全然違うからそこは要チェック!

ちなみに2時間だとかなり忙しいので3時間以上時間を取っているものの方がおすすめ。ちなみに私の時は4時間滞在で、かなりゆっくり出来たよ!(ランチを取る時間も含まれていた)

 

さて、受付を済ませると、リストバンドとタオル類一式を渡される。

このリストバンドは入場の際のチケット代わりとなり、更衣室に入る前に自動改札機のようなマシーンにかざして入れるようになる。

またブルーラグーン内はキャッシュレスになっており、全てこのリストバンドで支払いをして後に精算をする仕組み。

そう、温泉内にバーがあって飲み物を飲みながら温泉につかれるのだ。

今回の旅では1杯ドリンクフリーが含まれていた!

 

さて、リストバンドをかざして温泉エリアに入場し、更衣室へ向かう。

ちなみに更衣室入り口で靴を脱いで置いておくんだけどビニール袋があるのでそれに入れて一緒にロッカーに持っていくことをおすすめする。よく取り違えが起こるらしいので。(ビニール袋ない場合もあるので持参するのがおすすめ)

温泉には水着着用となるので、水着に着替えて、女性は髪が長い人は絶対に結んでお湯につかないようにするのがポイント。

なぜなら海水&泥がまじっているので、髪が濡れるとバッキバキになってしまい洗っても中々取れないのである。

そして温泉に入る前、つまり更衣室を出る前にシャワーがあるので、そこで手足と脇、そして局部をしっかり洗うことという説明があるので必ずしっかり洗おう。

 

さてついに温泉へ!

f:id:omr2227:20210417223223j:plain

手すりがついているので、ゆっくり入ろう。

なぜなら温泉の底には泥がたまっているので滑りやすいのだ。

f:id:omr2227:20210417223318j:plain

こんな感じでとても広々しているよ。

携帯やカメラなどももちろん持ち込みOKだけど、落としたりしないように首から下げられる防水ケースなどがあると安心!

 

私が訪れた日はなんと大晦日

ということで1杯フリーのドリンクはアルコールをオーダーして、みんなで乾杯。

時差的にちょうど日本が年越しの時間だったのだ。

 

見渡すといろんな国の人、そして老若男女。

みんな笑顔でポカポカしている。

 

シリカバーというものもあって、そこでは泥をゲット出来るので(無料だよ)それを体や顔に塗ってシリカパック。お肌すべすべになるよ。美白効果もあるとのことで塗りまくった。

 

段々日が落ちてきて、とても美しい光景。

f:id:omr2227:20210417224149j:plain

平和だなぁ。

こうゆう経験をすると、本当に世界平和を願う。

みんな笑顔で過ごせるのが一番だよね。

 

私が滞在したのは午後〜夕方だったんだけど、夜の滞在もまた素敵な予感。

朝イチっていうのも気持ちよさそう!

 

思う存分楽しんでも、4時間の滞在があるのでかなりゆったり過ごせる。

温泉を上がって、シャワーを浴びて着替えて(ドライヤーあり)温泉エリアを出る。

ちなみに一度出るともう入場不可。リストバンドも返却となる。

出たエリアにはレストランやカフェ、そしてショップがあるので残り時間はそっちでのんびりしようと思ったのだ。

レストランのメニューを見てびっくり。

f:id:omr2227:20210417224709j:plain

笑ってしまうほど高い!笑

アイスランドの通貨はそのまま日本円の額として考えてOKなので、その体でメニューを見るとシーフードの2コースで6,600円、そこにデザートのクリームブリュレをつけると7,600円・・・前菜は一皿2,700円・・・。

さすがアイスランド、物価が高い!

カフェにも立ち寄って見たけど、(スタバみたいなタイプのカフェで自分でレジにて注文するスタイルのカフェ)サンドイッチが1,400円だった。。。(日本のコンビニで売っているようなサンドイッチ)

物価の高いアイスランドだけど、ここブルーラグーン内は特に高いので、高いと割り切って予算を多めにしてブルーラグーンで食事を楽しむか、事前にどこかで購入して持ち込むか(椅子とテーブルはたくさんあるので食べるスペースはある)、食事を挟む時間に訪れるなら自分にあったスタイルをチョイスしてね。

 

ということでとってもまったり、気持ちも体もほぐれたブルーラグーン。とってもおすすめ!

首都のレイキャビクからは少し離れているので、個人で行くのももちろんいいけどオプショナルツアーや、そもそも含まれているツアーで行くのもおすすめ。

 

コロナで中々海外に行けないけど、よし、コロナ明けたら行くぞ!という思いでコツコツお金貯めていこう!

 

ギャウのことも書くつもりだったんだけど、ブルーラグーンだけで3,000文字超えてしまったので今日はここまで。

************************************************************************

 

先日胃が痛いと書いたけど、卵アレルギーではなくどうやら体の冷えから来ていた様子。

(別に病院で診てもらったわけではなく自己診断。笑)

(転職したのでまだ保険証がないから病院行くの躊躇)

最近東京はまた気温が下がって寒い日が続いている&雨が多いのでとても寒い。

極めつけは職場がめちゃくちゃ寒い。

なので腹巻きして、ヒートテック着て、もう4月も半ばだというのにタイツも履いている。

そして家では、もちろん腹巻き、そして靴下履いて、ニットカーディガンを羽織っている。寝る時はまた電気毛布でぬくぬく。

この生活で胃痛は見事におさまっている。

冷えって大敵ね・・・気をつけよう。

というか、はっきり言って異常気象だよね??

f:id:omr2227:20210417230710j:plain

 

変わりつつある世間

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

新たな仕事についてはやくも2週間が経った。

少しずつ仕事も覚えてきて・・・とてもヒマである。笑

仕事量に波があり、やることたくさんな日もあれば、やることが1つか2つしかない日も・・・

今までは仕事は溜めず即座に終わらせてきたタイプだったけど、今の職場ではそれをすると後々暇で暇でどうしようもなくなると気付いた。。。

上司が仕事を振ってくれるものの、どれも10分ほどあれば終わってしまう。

『もう終わったの!?』と驚かれる毎日である。

なので、のんびりゆっくり丁寧に仕事するように心掛けるようになった。

 

そして初めて働く、教育機関。私は大学で働いているんだけど、まぁ薄々感じてはいたけど、かなり異世界

一番違和感があるのが、挨拶の仕方。

通常一般企業なら、社内の人には『お疲れ様』、社外の人には『お世話になっております』等が一般的だと思うんだけど、私の職場では社内外に関わらず、

『お世話になっております』

 

え・・・?なんで?って最初戸惑った。

だって他部署の、例えば総務課や人事課の人への電話やメールでの挨拶が『お世話になっております』え?

 

隣の席の人と上司に、これって大学あるあるなんですか?って聞いてみたら

『え?これって世間みんなそうじゃないの?っていうかもはや枕詞みたいなもんだと思ってた!』とのこと。

 

なんだか社内の人にお世話になっておりますって他人行儀っぽくないか?との思いをぶつけてみたら、『そう、他人よ他人』と切ない返答が返ってきた・・・笑

ということで私は日々この違和感を抱えながらも、段々スムーズに『お世話になっております』が言えるようになってきている。

 

そして一番下っ端の私が、給与明細を皆さんに手渡しで配布する謎・・・

 

そもそもまだ給与明細、紙なんかい!

 

日本が遅れているのがここに顕著に表れている・・・

 

コロナもあり授業の大部分もリモートで行われているので、校内に学生も少ないから少し寂しい。

 

先日、進学式というものが開かれていて、へぇ〜近頃はそんな行事があるんだなんて思ってたら、それは去年コロナで入学式が出来なかったので、その代わりとして今年開催されたそう。

中々素敵な試みだなと。

 

トイレで、進学式に出席したであろうスーツ姿の学生が話しをしているのが聞こえた。

『どこ出身なの?』

『私静岡だよ〜!どこ?』

『私は東京なんだ〜!』

 

なんて聞こえてきて、本来なら1年前に交わしてる会話を2年次にやっと交わすのかぁと。

コロナの影響ってほんとに大きすぎるね。

 

先日、自宅のwi-fiルータのモデム交換のために業者さんがやってきた。

その時に、オンデマンド(自宅で映画やドラマなどが見放題になるコンテンツ)の契約どうですか〜と勧められたことがきっかけで、業者さんが、

『あぁ時代ですよね、もうそうゆう時代ではないんですよね。わざわざ出向いて借りるっていうのはもうなくなりつつありますね。だからレンタルショップというのはかなり縮小していますよ』とのこと。

確かに言われてみれば、近所にはおろか最近DVDなどのレンタルショップを全然見かけなくなった。

以前はよくあったし、漫画のレンタルをしてるところもあってかなり重宝していたのに、私も足が遠のいているなと。

特にコロナでステイホームが長くなり、YouTubeを始めネットコンテンツの急速な広がりはすごかったよね。

 

マスクすることももはや当たり前になったし、一日に何度もアルコール消毒するのも習慣になっている。

 

気付かないうちにいろんなことが変わっていってるなぁと。

 

そんなことを実感した2週間であった。

 

今日は金曜日、明日からの土日は家でゆっくりしよっと。

f:id:omr2227:20210416231442j:plain

 

美味しいの結末?

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

今日は平日だけど、お休みをもらった。

前職の皆さんから女子会しようと先月から誘っていただいていたので、新しい仕事に就いて早々お休みをいただいた。

そして行ってきたのは、ヒルトンホテル マーブルラウンジの「RSVP.アリスからの招待状」という、いちごメインのビュッフェ!

tokyo.hiltonjapan.co.jp

みんな張り切って、お腹を減らしていざ迎えた今日である。

 

なんとかわゆい世界・・・

「女子の世界〜!!!」と言う、アラサー&アラフォー女子の私たち。

 

f:id:omr2227:20210408224349j:plain

アリスの世界観を再現した空間に。

f:id:omr2227:20210408224839j:plain

 

テーブルに、イチゴやスイーツが入ったケーキスタンドがスタンバイしてあり、なんとイチゴはおかわり可能!太っ腹!

テーブルでドリンクをオーダーして、いざビュッフェスタート!

 

スイーツもたくさんあるけど、まずは食事よねということで、食事メインに取ってきた。

f:id:omr2227:20210408225038j:plain

パスタにお魚に、写真にはないけどお肉やライスも!

そしてスイーツ。

自分で取ってくるタイプと、テーブルに持ってきてくれるタイプがあったよ。

f:id:omr2227:20210408225912j:plain

メニューは、コロナ禍なこともあり、このテーブルに敷いてあるテーブルクロスペーパーに記載のあるQRコードを読み取ると、メニューを見れるようになっていたよ。

f:id:omr2227:20210408230053j:plain

写真ちょっと見切れてる・・・笑

 

食べながら、そういえばアリスってどんな話だっけ?という話題になり・・・

 

本を読んでいたアリスが、うさぎと出会い、後を追い、色々巻き込まれて・・・でも夢の中の話だったって感じじゃないか?から始まり、ハンプティダンプティがどーのこーのチェシャ猫があーだこーだ話すも全員がいまいちちんぷんかんぷん。笑

 

この物語は結局何が言いたいんだ?という問いかけに、一番年少の子が、

「アリスは本ばかり読んで自分の世界ばかりにいる、いわゆる・・・」って説明してくれたんだけど、これが私的にとても目からウロコな表現だったんだけどね、肝心のその言葉を忘れてしまった・・・笑

いわゆるの言い換え方が、私にはない発想で、え、この子すごいって思ったのに全く思い出せないってどうゆうことよ。笑

 

それもそのはず、もうずっとお腹が、胃が苦しい。

昨日からずっと胃が痛いけど、やはり暴飲暴食が効いて・・・あ!!!

 

そう、私は昨日のお昼あたりからずっと胃が痛い。

昨日ちょっとした約束があってそれに緊張しているのかななんて思っていたけど、とても胃が痛くて、緊張だけじゃこんなに胃は痛くならないタイプだし、どうしたんだろう・・・暴飲暴食?って思ってた。

そして昨日の夜も外食、そして今日もたらふくビュッフェ。胃が疲れまくっている・・・

なんて思ってたけど、今ふと思い出した!

 

昨日のお弁当は卵チャーハンにしたんだった。

そしてこの胃の痛み・・・卵だ。

 

私は卵にアレルギーがあって、生卵は食べれない。肌がかゆくなってしまうのだ。(そもそも好きではない)

で、火が通っている卵は大丈夫だと思っていたら数年前に、ゆで卵を3個食べて激しい胃痛にあった。

この胃痛というのもアレルギー症状の1つらしく、私の中で火が通っている卵は2個までしか無理という定義がこの時出来た。

 

話は戻って卵チャーハンには卵をいつも2個使う。

3個使っていないけど、この痛みは卵の時に来た胃痛と同じだ・・・

卵っていろんな食品に使われているから、容量オーバーしたのか、もはや2個でもだめな体になってしまったのか。

今日もスイーツたくさん食べたし、(スイーツって卵使ってるもの多いよね)そうゆうことなのかな。

 

とりあえずしばらく卵は控えて、優しいもの食べるようにしよう。

 

あー苦しい。

苦しいのちょっと収まったから、さっき夕食にとラーメン食べたらまた痛いよ。

体調悪いのかな・・・

明日は直帰して早く休むようにしよう。。。

新生活と美容心

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は休み。さてどんな1日にしよう。

 

私にとって怒涛の1週間が過ぎた。

水曜日に前職を終え、木曜日から現職が始まった。

 

水曜日、ランチにと取引先が誘ってくれたので、行ってきた。

ちょっと桜は散ってしまっていたけど、咲いていればめちゃくちゃ素敵なロケーションで、ネパール料理のお店。

カレーをいただきました。

f:id:omr2227:20210404230138j:plain

久々に食べたけど美味しかったー!ナンはおかわり自由。

これにあとタンドリーチキンもついててお腹いっぱい。

いつもなんだけど、こうゆうインド的なカレー食べると全くルーが減らない・・・皆さんにもういいの!?って驚かれるくらい減らない。誰が上手い食べ方教えてくれ・・・

 

そして最後の出社。

どの部署とも交流があったので、お菓子も大量に持っていった。

しかし、一体どのタイミングで回ればいいのだろうと無駄に悩む。

結局終業1時間前くらいから、挨拶に回った。

まだ休業体制が敷かれているので、当日お休みの人からも電話もらったりとありがたい・・・取締役までなんとお電話くれて感激だった。。

 

そして最後はなんと全社員集まって、さよならの挨拶会・・・

えぇ・・・もっと社歴の長い人たちがしてもらうやつを私なんかがとかなり恐縮。。。

寄せ書きやプレゼントまでいただいてしまい、もうほんとに辞めるの辞めたくなった。

 

その後はこのご時世ではあるけど、同部署だけで送別会を開いてくれて・・・

みんな久しぶりに集まる飲みの席だったのでそれはそれは盛り上がった。

今思い返しても楽しかったなぁ・・・

いつもはそんなに酔っ払わない上司でさえ見事に酔っ払っていて、とてもにぎやかに送り出してくれた。

 

そして私はこの送迎会で不覚にもトキメイてしまった人がいる・・・

久しぶりにトキメいた・・・はぁどうしよう。ってどうもしないんだけど。

いやあれはずるいよ・・・なんだかすっごく名残惜しそうにしているから最後に駆け寄ったら抱きしめられた・・・抱きしめるのあかんて・・・

まぁいい思い出として取っておこう。

 

そして始まった新生活。

・・・暇である。笑

そもそも前任者は退職しているらしく、私を指導してくれる主任もいまいち業務内容を把握していないので、全く仕事が進まない&全員ちんぷんかんぷん。笑

まぁまだそんなに仕事ないんだけど、ハッキリ言ってカオスである。

そもそもかなり異世界の教育業界に飛び込んだので、仕様もいまいちまだわからないし、頭の中ハテナマークだらけ。

まぁ焦らず頑張ろう。

 

そして今週末、SHISEIDO様で働く友人に教えてもらい、Webカウンセリングを受けた。

おうちでパーソナルレッスン体験 Webカウンセリング | SHISEIDO | 資生堂

 

いつもこの友人は、友人なだけあって私のことよくわかってくれてて的確なアドバイスをくれるんだけど、関西にいるので、このコロナで中々出向けず、かれこれ1年以上カウンセリング出来てなかったんだけど、今回このwebカウンセリングが始まったと連絡くれて早速やってみた!

 

のに、まさかの私、予約5分前まで寝ていて、すっぴんで参加・・・

そして友人は久しぶりの私との対面ということで気合い入れてメイクしてきてくれたらしい。ごめん。私、髪もボサボサで、しかもパジャマ・・・

 

そして久しぶりに会った友人は更に美しさに磨きがかかってて本当に美しかった・・・

肌も白くてめちゃくちゃキレイだし、この人が使ってるなら絶対いいやつやん!って思えるほどの説得力のある存在感。そして知識量!

ほんと脱帽です・・・

違いを見せつけられた私は、美容心に火がつき、最近サボっていたエクササイズと、筋トレ、そして美容全般を見直し、しっかりやるとここに誓う。

 

あーー!新生活頑張ろう!

東京の桜ももう終わりだなぁ。早かった。

f:id:omr2227:20210404232244j:plain