Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

重い。

金曜日、いい天気、何しよう。

 

仕事終わりに、『あぁ…疲れた…』とストレス発散も兼ねているNintendo DSを操作している手を止めてホームに入ってきた電車に流れ込むと、あら?

 

この香りは…ソナタさんの香水の匂い!

しかもつけたてなのか、他の匂い(つまり体臭)が混じっていない!

(私は猛烈に鼻がいいのです)

まさか?とあたりをキョロキョロ見回したけどいるはずもなく。。。

 

と、この話を伝えたら、「いい趣味してる奴がいるな」と。笑

 

そうなんです、私、妙に鼻がいいのです。

きっと前世は犬だったんだわと思うほど。

電車で誰かがおならをしたら、誰がしたのかわかったりもする。

そしてもれなく匂いフェチである。

なので自分のまとう香りも色々シーンによって使い分けたり・・・と昔はしていたけど、接客業になってからは、不快にさせてしまうこともあるので、香水は避け、ボディスプレーなどほのかに香るものを使うようにしている。

最近使っているのは、大島桜の香り。

桜というより薔薇の香りっぽいけど、とにかくとてもいい香り。

 嗅いだ瞬間、これだーーー!!!って久々に思ったくらいパッと華やかででも優しい鼻の香り。お気に入り。

 

あとは、最近大島桜の香りに浮気中なので使っていないけど、接客業になってからは結構長い間これを愛用しています。

 これは高確率で、

「どこの??」

と聞かれます。ソナタさんも好きな香り。

電車で隣に座った女子高生たちに、とてもいい香りがするって言われたこともある。笑

これもお花系の香りで、でも甘ったるくないさっぱりとした香りです。

 

紹介した2つとも、香水と比べるととても軽いので、さりげなく香って仕事中もつけています。

 

私は鼻がいいから特にだけど、香りってかなり人の印象や気分を左右するので、身だしなみの一つとして、これからも楽しんで、自分も周りの人も高揚感を得られるような香りを身にまといたいものです。

 

同じ香りの話で行くと、昨日の休みにマッサージへ行った私。

何も予定のない休みで、この5月ぶっ続けで働いたつけがどっと来て、起き上がれなくなってしまった。

これはいかんと、マッサージの予約を入れて出向いた。

1ヶ月ぶりである。

促されてうつ伏せになると。。。あ、ちょっと生臭い香り。。。

そう、タオルからである。

これだけでもうリラックス出来なくなるのでほんと、香りって大事だなと。。。

 

マッサージの方は、私の背中を2回くらい触って

「なにがあったんですか、この1ヶ月・・・」

 

と結構ドン引きされました 笑

ほぐしてもらいながらぼーっと思ったんだけど、

欧米人ってあんまりこうゆう揉み系のマッサージってしやんよなぁと。

アジアやとどの国いってもいたるところにマッサージ屋があって、(いや何ならマッサージ目当てにアジアの国に行くと言っても私は過言ではない)気軽にみんな受けている印象だけど、それが欧米になると、そもそもお店自体を見かけないし、あったとしてもオイルマッサージとかリフレクソロジーで、揉みというのはあまり見たことない。

 

そういえば、アメリカ人は「肩こり」という概念がないって昔何かで見たな・・・

 

など、マッサージされながら思考が進む。

なんやろう、疲れへんのか?なんで?

 

って思ったときに一つの光景が浮かんだ。

 

走ってる人多いな?

うん、そうだわ。街中、走ってる人多いし、みんな何かしら運動している。。。

 

やはり適度な運動は筋肉をつけられるし、だからこそ体力もついて疲れにくい体になるのだなと妙に納得。

 

うむ、やはり運動をなにか始めるべきか・・・

いやまてよ、でもこんな気持ちいいマッサージ受けられんくなるのか?

 

なんて考えているうちに眠りに落ちた、のんびりした休日であった。

 

オレンジの薔薇。

土曜日、天気良くなった!何しよう。

 

GWも無事に駆け抜け、先日のお休みの日、スーパーへ行くと九条ねぎが安かったので購入。

立派な太くて長く、緑色がキレイなものが2本入って98円。

持ってきていたエコバックにも入り切らないので、家まで近いしと思って手に持って歩いていた。

もうすぐ家という時にふと、「この九条ねぎで何作ろうか・・・ねぎ焼きもいいし、ネギが主役のパスタもいいな」と手にしている九条ねぎを顔の前に持ってきてマジマジと見ながら献立を考えていたら、

 

「ナタリーちゃん!?」

 

と声をかけられ振り返ると、以前働いていた朝の仕事で一緒だった人であった。

(↓朝の仕事に関してはこちらの記事参照。急に仕事が終わった日の話)

 

omr2227.hatenablog.com

背が高いし、お花持ってるから絶対ナタリーちゃんだと思ったのよ〜!

 

わ〜!!!お久しぶりですね!と話すも・・・お花???

ふと手を見ると持っているのはもちろん九条ねぎ

 

お花じゃなくてネギですね。笑

 

と言って二人で爆笑した。笑

 

私が朝の仕事をしていた時は、旅行業界で働いていた。そしてあまりのコロナで大変で転職しようかと悩み、するならお花の業界へ行ってみたいなぁと話していたので、この4月から花業界に正式に転身したと話すと、

「すごいねぇ!!!本当に夢を叶えたんだね!」

 

という言葉をもらった。

 

というか最近この言葉をもらうことがとても多い。

 

夢を叶えたね!

 

花の職業に就くことは私の夢なのだろうか・・・

いや別に夢ではない。

目標ではあったけど・・・

 

夢かぁ・・・

思い返せば、中学の時はFBI心理捜査官になりたかった。

その後はCAになりたかった。

昔のことからみればその2つの職業に就いたら、夢を叶えたになると思うのだけど、他のことに関しては夢を叶えたと言えるのかというと、私の中では言えない。

 

そして考える、今の私の夢ってなんだろう。

 

やりたいことはあるし、今はそこに向かって頑張っているけど、それは夢ではなく目標って感じだし。。。

 

結婚!も、夢ではない。(目標と言われるとそれも違うような…)

 

え、夢ってなに・・・と迷子になってきので、「夢」とはと調べてみたら、わかった、この夢ってなに状態になる心理が。

 

夢とは、、、 ・将来実現させたいと思っている事柄

       ・現実から離れた空想や楽しい考え

       ・儚いこと、頼りないこと

 

ということであった。

つまりこれって、ふんわりしている、叶うかわかないこと的なニュアンスが「夢」には入っていて、私はどちらかというと「絶対に達成したるで〜!」根性があるので、ふんわりや叶うかわからないということに対してネガティブな気持ちがあるので、「夢」という表現は私の中では使わないのだな、そして言われると違和感を覚えるのだなと思った。

夢って言ってるうちは叶わないという思いが私の中にあるからこその、違和感であった。

 

さて、話は戻って、私には仕事においての目標がある。

正直もう30代も半ばで転職して新しい業界へ行ったので、生き急いでいる。笑

早く技術を身に着けたいのである。

貪欲に、目の前のことに真剣に取り組むをモットーに働いてきたこの1ヶ月、出来ることが増えてきたし、お花を作らせてもらえることも多くなった。

新卒入社の子と同じことをしているので、よく話すんだけどその子が

「毎日、新しいものを作れるようになって、今日は何を作らせてもらえるのかなって毎日ウキウキします!」ってキラキラした顔で話してて眩しかったけど、まさに私もその気持ちである。(キラキラはしてないと思うけど)

 

若いっていいねぇ・・・しみじみ。

転職して良かったです!

(給料面はちょっと、アレやけど 笑)

 

さて、そんな私が花を好きになるエピソードというのがいくつかあって、それがあったからこそ今仕事にするまでのことに繋がっているんだけど、そのエピソードの1つが

「オレンジの薔薇」である。

 

私、あんまり女の子っぽくないのが昔からちょっとコンプレックスで。でも花が好きって究極に女の子っぽいから(完全な私のイメージです)中々言い出せなかった。

なんか恥ずかしいし、「えーナタリーが花?似合わね〜!」とか言われて傷つくのが嫌だったっていうのが大きい。

友達の結婚式に出席すると、お花をもらえることが多くて、貰える度に嬉しかった。

現実世界でお花を貰えるって機会もないし、柄でもないし・・・

 

でも5年前の誕生日、ソナタさんに「何か欲しいものあるの?」と聞かれ、そこで素直に「花かな?」と笑われるのを覚悟で言ってみたら、

「ほぅ・・・!いいねぇ!よし!花屋に行こう!」

 

と近くの花屋を探して行ってみた。

たくさんの花たち。あんまり花に詳しくないので、ソナタさんが

「よし、何色がいいの?」と。

う〜ん・・・とその日の私が選んだのが、オレンジだった。

そしたら、ソナタさん「じゃあオレンジの薔薇・・・あ、全部で!」

お店にあったオレンジの薔薇全部買ってくれた・・・!!!

 

高いのに・・・!!!えぇ?2〜3本じゃないの?って止めたけど、何いってんだ!誕生日だぞ!と。

 

そして束ねてくれている店員さん、まるで魔法使いだった。

 

お会計もあるので、店から追い出され、ソワソワしながら待っていると、

「ほい!誕生日おめでとう!人生バラ色だぞ!」

と言って、オレンジの薔薇の花束をくれたのであった。

そのオレンジがとーーーってもきれいで!

「バラ色」って言葉よく聞くけど、なんかこの時にその花束見て、

「これがバラ色か・・・なんて綺麗なんだろう。私の人生もこんな綺麗な色になるのかな」と信じられないくらい感動したのであった。

 

「お花をあげて、喜んでくれるっていいね」とソナタさん。

 

とこんなエピソードがある。これも私が花を好きになった理由の1つ。

この時のバラは大事に、ドライフラワーにして部屋に吊るしてある。

 

それから私の中で、オレンジの薔薇は好きな花の1つ。

先日、たまたま余った花の中にオレンジの薔薇があってこのエピソードを思い出し、もらってきて家に飾っている。

 

でね、私の誕生日10月なんだけど、なんと10月の誕生花ってオレンジの薔薇だと昨日知って、なんだか運命を感じている。

(誕生花だからこそ、その時期にお店にあったんだろうけど 笑)

オレンジジュースに、オレンジの薔薇に・・・なんだか最近『オレンジ』づくしだなぁと思ったエピソードでした。

回復にはオレンジジュース。

火曜日、やっと休みだ!何しよう。

 

さてコロナ関連制限なしのGWが終わりましたが、みなさん楽しみましたでしょうか?

ここ東京は前半は少し天気が悪かったけど中頃はカンカン照り、1日の中で雨が降ったり晴れたり…と色んな天気を見せてくれました。

 

ついにコロナ関連の制限なしのGWというだけあって、東京はどこもとても賑わっていました。

どこも、って私も色々出掛けたのかしら?と思ったあなた!

色んなところ行きましたが全部仕事です。

そうなんです、私今年のGWはぜ〜んぶ仕事でした。

 

自分で組んだシフトなので自業自得ではあるのですが、いや〜もうほんとしんどい。

朝5時に起きて23時に帰宅なんてのも何日かあり・・・ミドサー、もうこんな働き方は辞めていかんといかんと知ったGWでした。笑

 

12連勤!!!よく頑張った!!!

 

もう体中が痛いし、肌は荒れてるし、なんなら体調不良で、救急外来も受診した!

 

体調不良はまためまいで、振り返ったらガクッと一瞬して、そこから徐々に徐々に視界が傾きだして・・・立ちくらみとかならしゃがんでればおさまったりするんやけど、

あれ、これなんかやばいやつや・・・

私が私に全身全霊で訴えている・・・!!!と。

休みを入れていないし、倒れるわけにはいかない!

ちょうどその日はもう仕事が一段落していたので、2時間ほど早く早退させてもらって救急外来へ。

連休中でもしているという救急外来専門のクリニックが調べたら近くにあったので電話してみると、予約制で今日はもういっぱいとのこと・・・それ救急外来じゃなくない・・・?とちょっとイラッとしました。笑

東京都には、救急車を呼ぶべきか、すぐ病院へ行くべきか、また近くの病院はどこかなどを調べてくれる電話サービスがあるのでそこを案内されかけてみることに。

ちなみに、『#7119』で繋がります!電話口の方は医療関係者がほとんどなので安心です。私の時は看護師さんでした。

症状を話すとすぐ病院へということで、4件ほど近くの病院を調べてくれたので、またそこから自分で電話していけるかどうか確認。

ただ、そうこうしているうちに私の体調もめちゃくちゃ悪くなる。

1件目はちょうど医師が救急車に同乗していってしまった&寝に行ってしまったということで断られ・・・しかも断るまでに、あ〜だこ〜だいう電話口のオジサン・・・駄目なら駄目と早く言って・・・こっちはもう意識が朦朧としてきているんだ。。。HPがもうなくなりそうなんだ・・・とサッと電話を切りたかった。

そしてやっと行ける病院が見つかり、タクシーで向かうことに。

 

病院へ着くと私の他にも何人か人が・・・しかしみんな付き添いの人でどうやら運ばれてきた様子・・・

こんなGW真っ只中に自分の足で歩いて救急外来を受診しに来ているのは私くらいであった。笑

 

そうよね、本人自ら電話して、来院しているんだからきっと大したことないよね・・・笑

でも一人暮らしで、帰宅して1人になってから更に悪くなってしまったらどうしようもないし、それに以前処方してもらった目眩止めがもうなかったので、瀕死だったのだ。

 

その日は耳鼻科がいないとのことで、対処療法としてすぐ薬が処方されて飲ませてくれた。

そして嘘のように元気になった。笑

 

歩いて駅まで行き、電車で帰ろうとする私に若干引き気味の受付の方たち。笑

 

でもすぐ診てもらえて薬出して貰えたおかげで、その後もめまい防止になったし、翌日からもきちんと出勤出来たので良かった。

病院はすぐ行くこと。これ私の教訓です。

 

さて、そんなことしながらも、後半どうしても行きたい場所があった。

それは個展である。

好きなイラストレーターさんが、このGW中に4日間だけ個展を開くということで、どうしても行きたかった。そして自分の予定と重ねると行けるチャンスがあるのは1日だけ。

チャンスは逃さない!ということで、いそいそと仕事を終わらせパパッとあがり、急いで会場へ!無事に間に合いました!

とっても素敵でした!

そしてなんと、ご本人様もいて少しお話出来ました!

 

実はご本人様、モデルもされてて可愛い人なんだけど、

実物はとっっっっっっても美しかった・・

 

顔小さいし、でもパーツはそれぞれ大きいし。。。なんか。。。「完成されてる」って言葉が頭に浮かびました。笑

 

私はというと、連日の疲れでボロッボロ・・・

しかもちょうどその日に、お気に入りだった黒いブルゾンに花の何かが着いたのか、白くシミになってしまっていて・・・

『チーーン…』な装いの私。

 

ということで、急激に美のモチベーションがあがりました。←単純

飲み忘れることが多かったビタミンCの錠剤を忘れずに飲み、スキンケアを丁寧に、メイクも丁寧に、ネイルも綺麗に直し、髪もきちんとセットするを頭に入れて日々過ごすようにしたら、ほんの数日で荒れた肌が改善してきました。

 

体って正直・・・これからも頑張ろう。

 

自分のことを形にして表現出来る人って素敵だし、憧れるな。

 

あと、個展を見ながら、

「最近こうやって仕事以外のことをする時間って全然取ってなかったなぁ・・・稼がなきゃ働かなきゃ、仕事覚えなきゃとか色々必死過ぎて『余白』が全く無いなぁ…」と反省。

まぁ繁忙期やからしょうがない部分もあるけど、それにしても働きすぎた。

 

休みだった今日、改めてかかりつけの耳鼻科へ。

検査の結果、メニエールなどではなかったのでホッと一安心。

先生からは、

「多分ね、自律神経が乱れてるわ。しっかり休んで!」と。

いやほんとそれですね。

 

今日の休みは、他にも、部屋の掃除して、暑くなってきたので最近ずっとソワソワしていてやっと出来たアースレッドをして。

 

omr2227.hatenablog.com

 

やはり最強のゴールドだけあって、噴射してから5時間後に入室したけど、まだまだすごい臭いと刺激で、私は喉をやられた。笑

(Gやその他虫などの残骸は一切ありませんでした!やった!)

 

今年もこの調子で、ストレスフリーな生活をしたいものです。

 

…てかミドサー独身女子の休日って切な…なにこの生活感。笑

 

全然話変わるけど、私あまりにも疲れてきたり、肌が荒れてくると決まって

「最近私、果物を全く口にしていない」という振り返りが始まり、(本当にそうゆう時って一切果物を食べていない)ビタミンが足りていないんだ!!!!!と100%ジュースに手を出します。

そして選ぶのがオレンジジュース。

飲むと、乾いていた土に水が染みていくようなまさにそんな感覚で、

『行き渡る〜〜・・・染みる〜〜・・・』と毎回飲みながら思う。

そして今回のGWの連勤でも、5月5日頃にふと、オレンジジュース飲みたい…!となり、飲んだ。

そしたらね、その辺から、疲労と体力の回復が明らかに早くなった

それまで翌日の寝起きもぐったりしていたのが、寝起きスッキリ、体もなんかちょっと軽い・・・?って感じに。

 

しかも、思い返せばそういえば・・・って感じでほんと昨日ぐらいに、そういえば・・・と気づいたのである。

そして気になって調べてみたら、オレンジジュースには本当に疲労・体力回復効果があるらしい・・・!オレンジに含まれている、クエン酸がその働きを助けるようで、さらにビタミンCでイライラを抑えたり、果糖がエネルギーとなり体力回復に役立つそうな。

 

めっちゃ実感していた・・・!!!

 

ちなみにポイントは、

・100%のものを選ぶこと

・飲み過ぎに注意

 

ちなみにペットボトルよりパック派で、doleが好きです。(何情報や 笑)

 

GW、私みたいに働いていた人、遊びまくって疲れた人もぜひ試してみてください!

 

そういえば、楽天、お買い物マラソン中ですね!今買っておこう!

深夜2時と泥棒。

火曜日、あ〜明日は休み、何しよう。

 

現在深夜2時。

明日はと書いたけど、正確には今日ですね。

最近、帰宅してご飯を食べた後、気付いたら寝てて、起きると深夜or朝方ということがザラにある。今夜も例外なくそれである。

でも明日?今日は週に1度のおやすみがやってきます!ひゅ〜♫

ってことでこのまま起きて夜ふかし。

 

さて、かなり間が空いてしまいました。

気がつけば4月ももう残りわずか。

東京は初夏のような気温で、上着もういらない!という日もあれば急に冷え込んだりと不安定な日々です。

あと、最近雨が多いですね。

4月ってこんなに雨振ったっけ?

 

さて天気も不安定ですが、私のメンタルもかなり落ちていました。

突発性難聴と診断されてからメンタルが落ちる一方で、

(※突発性難聴に関してはこちら参照↓)

 

omr2227.hatenablog.com

薬が効いて、聴力も戻り、目眩もなくなったので私は無事に完治したんだけど、どうもこのグラグラな世界に書いた日の、目眩が酷かった日のことがトラウマになっており(それくらい瀕死だった)運動と飲酒をするのが怖くなってしまい、特にあれから1滴もお酒は口にしていない。

(酔った感じと目眩の感じが似ているため、怖くて飲めない)

運動に関しても、というかあまりヘトヘトに疲れてしまわないように気をつけているけど、相変わらず遅れそう!で駅まで走ったり、あと筋トレはちょこちょこするようになった。

まぁあまり焦らず運動に関しては徐々にしていこうと思います。

 

そんなこともあり、さらに4月から環境が変わったこと、そして今まで働いてきた花屋が猛烈にストレスとなっており、いくら自分でメンタルを持ち直しても、また崩れてしまうことが増えて、もう低空をデフォルトにしようと、6割位のメンタルで凌いできた。

 

なにかメンタル回復出来ることはないかと鈍くなっている頭で考えるとやはり浮かんだのはソナタさん。

 

電話してみるか。とかけてみた。

出ないかしらねぇ・・・それなら諦めようと思ったら、出た。

 

元気〜?と聞くと、元気ないとソナタさん。

(やはりか、最近連絡なかったもんな)

やっぱり、波動が感じられなかったもんと返すと、

「それは、距離の問題だ!」と笑うソナタさん。

元気か〜?との問いには、いやあんまり、と私。

 

2人とも元気ない〜!!!笑

 

ただね、やっぱりね、話してると、元気になってくるんだよなぁ。。。

 

2人でギャハギャハ爆笑したり、真剣に話したり・・・

なんだかんだで1時間話して、最後に

「元気になった?」と聞くと

「元気になった^^!元気になった?」

「元気になった!」

と2人とも元気を取り戻して終わった。

 

はぁ〜♡パワースポット!!!

 

さて、先日久々に美容室へ行ってきた。

いつもの美容師さんと全く予定が合わなかったため、同じ美容室でいつもの美容師さんの師匠にあたる人に15年ぶりにお願いすることに!

元々はその人に当時付き合っていた人が切ってもらっており、当時美容室難民だった私を連れて行ってくれたのが始まり。

その時にアシスタントだった今の美容師さんと仲良くなり「実は次からスタイリストデビューする」とのことで、じゃあ私はあなたにお願いしますということで、いつもの美容師さんとはそれ以来の付き合いである。

歳も近く、出身地も近いので親近感。

そして向上心が高く、今では独立して自分の店を持ち、そこで師匠と共に働いているのだ。

 

さて、師匠は美容師界ではその名を知らない人はいないんじゃないかという程の有名な人である。そんな人にしかも15年ぶりに切ってもらうので緊張である。

 

結果から言うと、めちゃくちゃ的確で、さすが!!!でした。

いつもの美容師さんはね、長い付き合いなのでざっくりとかなり抽象的な希望を出すと、了解〜と汲み取ってくれるので、楽で。

しかし、今回の師匠は少しの質問でそれを見事にこなし、パパパ!となりたいイメージと現状の悩みを汲み取り、そしてそれを同時に解決してしまった。

 

すごいと言われる人や目立ってる人って、やっぱりすごいんだなと思った出来事であった。(語彙力)

 

あとね、アシスタントの子とカラーをしてもらってるときとシャンプーの時に話したんだけど、その子の話にもかなり元気が出た。

ことの始まりは、なんで美容師になったんですか〜?という私の質問から。

(私、どの職業の人にも結構これ聞いてしまう…笑。きっと自分の中になにかあるんやろうな)

 

その子は、大学2年の時に美容に目覚め、勇気を出して行ってみた有名美容室でしてもらった施術に感動して、私も人をきれいにする仕事をしたい!と思ったからなんだって。

 

ん?大学生?

色んな人がいると思うけど、美容師さんって基本は専門学校出ないと資格取るの難しいと思うから、大学生って珍しい?と思って突っ込むと、

そうなんです!だから3年生までに単位を頑張って取って、4年生から夜間の美容学校も通って。大学は親に行かせてもらってたから、専門は自分のお金で行きました!

夜間だけど、通常の専門と同じように学べるってことで週6で授業があって。

で、卒業して1年は昼間は働きながら、夜は学校へ行ってました。

夜間なだけあって生徒も年齢がバラバラで40代の人もいて。でもほぼほぼ毎日一緒に過ごして一緒に頑張ってきたので、家族みたいな感じでとても仲良くて、今でも仲良しです!

 

めちゃくちゃ偉い〜!!!!!

ちなみに、大学は、なんと心理学専攻だったとのことでその話でも盛り上がった。

 

私、ほんと目の前のことに一生懸命に生きてきて。で、これからの人生もちろん楽しみなんですけど、早くおばあちゃんになってのんびり出来る日々を送るのがとても待ち遠しいですって言ってて、素敵だなぁ〜って深く関心してしまった。

 

若い時にそんな感じでがむしゃらだったので、そしてコロナもあり海外旅行にも行ったことがないので、この先行けるようになったら色々行ってみたい!とも話していた。

 

とてもニコニコ、キラキラした笑顔で話しているのが印象的で眩しくて、あ〜日々に文句を言ってストレス溜めまくってる自分に反省した。

 

私ももっと日々に夢中になりたい。

 

反省繋がりで、私もこんな風になっていないだろうかと最近気をつけていることがある。

それは、会話泥棒である。

 

会話泥棒とは、いわゆる聞いてほしい話があって話すと

「あ、わかる〜!私もさ〜・・・」

ってな感じでいつの間にか相手が自身の話をしており、こちらの話は触りだけで全く出来ないという現象である。

 

最近、この泥棒によく遭う。

これさ、話聞いてほしい時にされるとかなりストレスなんだよね。笑

私の周りにもこれがデフォルトの人が何人かいて、その人にはあまり自分の深い話はしないようにしている。会話泥棒にあっても別にいいやという話題しか話さない。笑

 

友人の中で、それが原因で破局した人もおり、その子曰く、

「話を聞いて、共感するために自分の中にその経験がないか探して、あ!これだって見つけた方が自分も話を聞きやすいんだよね。つまり共感してるんだけど、相手からすると、「また会話会話取られた。俺が話してるのに」って思っちゃうみたいなんだよね」とのこと。

例えば

「そこのタンスに足の指ぶつけてさ、」

「あ〜痛いよね!私もこの前さ、歩いてる時にね・・・うんたらかんたら」

「・・・(お前の話かよ)」

 

って感じです。

友人曰く、その話のあとに、で?って聞いてるみたいだけどその頃には相手は話す気がなくなってるとのこと。

 

そりゃそうやわ!!!笑

 

今日、職場の先輩がまさに会話泥棒・・・というか、自分の話しかしないタイプだと気付いて、あ〜・・・って思った。笑

 

明日の休みが終わったらGWはぶっ通しで勤務だから、明日はなにかパワーチャージ出来ることしようっと♫

 

なんだかとりとめのないブログになってしまった・・・

まぁいっか。寝よう!

 

九州と友情。⑥

月曜日、いい天気、何しよう。

 

今日は休みである。

5勤したのでさすがに疲れた。

少しずつ仕事の流れがわかってきたけど、なんだか「・・・」と思うくらい意外と淡々と日々が流れているような気がする。

うちの会社は20日締めなので、シフトも21日〜20日で出ている。

なので、4月1日入社の私は4月のシフトでは、手書きで一番下の欄に書かれている。

そのためか、いつも翌日の予定を書き出し皆で共有している中の出勤者のとろこで私の名前が漏れている・・・これ地味に悲しいのよね・・・21日からはシフトに私の欄もきちんとあるから、もう少しの辛抱である。

 

さて九州もついに最終回である。

今までのお話はこちら↓

 

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

************************************

私が羽田に着いた頃、さつきが博多駅から新幹線に乗ったようで、

「無事に乗れたよありがとう〜」とグループLINEに入っており、その少し後にソナタさんから「さっき渚と別れてホテルに戻ってきた」との連絡があった。

 

私は羽田から自宅までの間に、携帯で撮った写真たちをグループLINEに投稿した。

すると、ソナタさん、渚からも写真の投稿があった。

もはや初日の太宰府天満宮の写真が懐かしくもある。

この写真どのタイミングで撮ったの!?って笑えるようなものもあったりで、そんな話をグループLINEでしていると、

 

 

ーーーー渚が退会しましたーーーー

 

 

 

 

一同「えぇーーーーー!!!!!!!???」

 

ざわつく。

そして猛烈に後味が悪い。シーンとしている。(画面上やけど)

 

とりあえず、代表して?個人LINEしてみるよと言い、

「・・・渚?」と送ってみると、

「九州旅行終わったからもういいかなと思って抜けた」

との返事が。しかし、あのグループLINEは九州旅行用じゃなくて、同期のグループLINEだから別に抜けなくて良かったんじゃない?と返すも、

「なんか疲れちゃったから。色々とごめんね」

と・・・なので、そう思わせてしまってごめんね、あと正確な合計金額教えてね、振り込むからと返すも、

「楽しい思い出だけ残していってね」との返事。

 

とりあえず、皆には、旅行が終わったから抜けたってことみたいと連絡。

 

そしてそれぞれが沼に落ちていく。

私が、俺が、悪かったんだろうな・・・と。

 

とりあえずこの旅は・・・失敗!?って話すも、一緒に旅行していない京子からすると、一体何が!?状態である。

電話がかかってきて、とりあえず旅の様子を話した。

すると京子から、「正直、渚が参加するって時点でこうなることは見えてた。言ってなかったけどそう言い切れるエピソードが色々あって・・・」とかいつまんで話し始める。

京子いわく、要は、渚は自分が一番じゃないと済まないタイプらしく、そうでないと猛烈に機嫌が悪くなり、「気分が悪いから帰る」って帰られたことも何度かあるらしい。

知らんかった・・・

いい子だし、尊敬できるところもたくさんある子なんだけどね〜・・・と京子。

 

そして翌日。

昨日話しは終わったと思った渚からまたLINEが来た。

 

「昨日は実は両親から『こんな遅くに帰ってきて!』と家に入れてもらえず、泣いて謝ってしばらくしたらやっと入れてもらえた。笑 ところで高速代金ってわかるかな?わかったら教えて」

 

とりあえず突っ込みどころが満載である。

 

①両親が家に入れてくれず泣いて謝る・・・?

 →もう嫁に行っているから実家はもう自分の家ではないのか・・・?しかしミドサーにもなってそんなことあるのか?家に帰るのが遅くなって(20時頃)怒られるって・・・嫁に出てるんだぜ・・・?

 

でも人様の家庭のことなので色々とあるんだろう・・・と解釈。

 

②高速代教えて・・・?

 →実は後で皆わかるように、京子抜きの4人のLINEに渚が立替えてくれた場所と金額をつぶやいていたのだ。(だが後半から渚がつぶやかなくなったので、こっそり金額チェックだけしていた私)なので高速代はそこを見ればわかる。さらに言うなら、今回レンタカーの予約を渚がしてくれたので、会ってからもちろんお金は渡すけど負担が大きくならないように、ETCカードは私持ってくねと、旅行前に言うも、渚から「私持ってるから大丈夫!!」と言われ、じゃあ・・・お願いしますと、渚のETCカードを使っていた。ETCカードは番号を入力すると履歴としてルートや金額がわかるので、その話をした。だから1人1万円ちょっとだよね?いくら?と聞くも、

「ありがとう〜家計簿つけてるからさ、カードだと金額わかるのちょっと後になるからわからなくて」と返事。

頑なにお金はいらないということか・・・

もうよくわからないけど、なんだかこれ以上言うのも失礼というか、こじれるだけなのかな・・・と思って、海外に帰る時に羽田から帰るって言ってたからその時にその国の外貨に両替して渡そうと自分の中で決着をつけることにした。

 

ってか、お金いらないって言う割に、なんでそのお金の詳細を聞いてくる??という疑問はもちろん生まれるけど、う〜ん・・・とモヤモヤしてるとまたLINEが来た。

 

「この後は節約しなきゃ 笑」

 

いやだからさ、お金払うって言っとるやん!?差し出してるやん??受け取らんのに、その一言に、どうすればいいんだ???

 

と段々イライラしてくる短気な私。

 

とりあえず私は仕事中だったので、一旦横に置いて仕事に集中した。

その日は私の送別会をしてくれて、楽しく過ごし、帰り道携帯を開くとまた渚から連絡が来ていた。そしてソナタさんから着信があった。でも電車に乗ってしまい折り返せないのでLINEすると、「渚のことで話したい。とりあえずこれ見て予習して」とソナタさんと渚のやり取りのスクリーンショットがたくさん送られてきた。

それを見る前に渚のLINEを確認すると、

「京子からの餞別をご飯代や駐車場代に当てるのは失礼だから、この辺をネットで買って送ろうと思うんだけどどうかな?1万円全部使うのは失礼だから、4,000円くらいにして、残りの6,000円は4人で割って1,500円を振り込むよ」といった内容だった。

 

はっきり言ってクラクラした。

 

そしてとりあえず渚のLINEは置いておいて、ソナタさんから送られてきたスクリーンショットを読むと・・・

 

最初は上記の餞別について連絡が来たようで、そこから話は続いていた。

要約すると・・・

①日程や要望がはっきり皆言ってこないから、手配が出来なくて困った。

②ある程度観光場所やご飯を食べる店が決まっていないと不安だった。

③調べて提案しても、皆の反応があまりよくなくて雰囲気が悪くなった

④食事代や駐車場代とか私が立替えてる分、みんな合計金額を見ないし聞かない。

⑤ホテルが思ってたより手頃な金額でおさまったからできるだけ他の出費も抑えられるように行動した結果、雰囲気が悪くなった。

⑥私は今無職だから、ちょっとしたことで余計なお金を使いたくない

⑦上記のことから雰囲気したのは私だからお金で解決した。(自分が立替えた分、自分持ち)

 

実際もっと色々あったけど、要約するとこんな感じだった。

これを読んで私は正直、目眩がして気持ち悪くなった。なんていうか・・・支離滅裂すぎる・・・

雰囲気悪い雰囲気悪いっていうけど、そこまで悪かったのかな・・・?でも渚はそう感じてしまったんだから、節々にそう感じさせてしまうものがあったんだろうなと反省。

(現に私はイライラしてるシーンや、何考えてんだろう・・・?ってぼーっとしてしまうシーンもあったし)

ただね、①に関してはね、渚が一番連絡なくて話進まなかったし、誰も渚に手配してなんて言っていない。と私はカチンと来た。は?何言ってんの?と。(すみません、短気ですw)

そしてね、まぁこの考えにたどり着くまでに色々ソナタさんやさつき・京子と話して悶々としたり反省したりしたけどね、やっぱりね、結果的に、

 

 

 

てめぇ、仕切るなら最後までしっかり仕切れや!!!出来へんならやるな!!!変われ!!!!

 

って思いました。笑

 

全く反応なしから、急に色々と仕切って予約取ってくれたり、私がやるよと大蔵省したりして、つまり添乗員役をしてくれていた訳ですよ。

じゃあ、お願いしますってなるやん?それで、提案しても空気悪いとか、金額も見ないし聞かれないとかさ、

ほんなら、皆はどう?って聞けばいいし、ちょっと建て替えるのキツくなってきたから1回精算しよって話せばいいし(そもそも毎回ご飯代とかいくらか自分で言ってくれてたし、言わない時はチェックしてたよ!)仕切るならやり切れ!

お金使いたくないのに、自分が頑なに全部払うってどうゆうこと???

それにお金で解決って何さ??それって友達なの???

 

結局、餞別の件も、もうそんなことしなくていいから頼むから渚が取っておいてよ。皆そうだし、京子もそんなつもりで渡したんじゃないって話してるしって伝えるも、

 

もう頼んじゃった。

 

 

と。そこで気付いた。

勝手だと。

私達の話、思い返せば全く聞いていなかったように思う。

勝手に決めてる。それが渚が雰囲気悪くしてしまったと思う要因だったように思う。

キャッチボールが出来てないんだよなぁ・・・そこでこちらからきちんとキャッチボールしようと思ってもう一度投げても取ってもらえず、また違うボールが飛んでくる。あっ!と走って取りに行ってまた投げ返すも、やっぱり取ってくれない。

 

そしてまたその後に、また今日から節約生活だ〜!!!と来た。

 

正直、もうなんて対応すればいいのかわからなかった。。。

こちらから距離を縮めても、スパッと拒否され、ジッとしているとまた来る。だから距離を縮めようとすると拒否される。どうすりゃいいんだ???

 

 

歪んでる。

 

そう思った。

悪い意味ではなくて、認知が歪んでるというか、ズレてる。

あとこれはソナタさんも言ってたけど、

渚は自分が本当に悪いと思っていない。

だからこそ、こうやってポロポロとLINEが来て、支離滅裂な、真逆のことを言ってくるんだと思う。

自分で自分の気持ちを受け止めていないからこそ(お金で解決すればいいんだ、私が悪いから、私が雰囲気悪くしたからって言うけど本当にそう思ってるなら、節約しなきゃとかそもそも連絡すらしてこないように思う)言動に矛盾が生じてるのかなと。

 

わかりませんけどね、私の考えです。

とりあえず、渚自身がグラグラと揺れているのだから、そこに向き合ってしまうと自分も引っ張られて沼に落ちると思って、私はこれにて線引きしました。

(この線引きが精神衛生上とても大事だと、心理学を学んでから知りました。自分の問題と相手の問題を切り離して考えるってやつです)

 

旅の終わりから3日、なんだかぐったりである。

とりあえず寝よう、もうゆっくり休もう。とソナタさんと話して、眠りに落ちた。

 

翌朝、目覚めたら渚が抜けた後のグループLINEに1件未読がついていた。

開いたら、えらく長文がそこにはあった。

さつきからだった。

 

内容は、

どうにもこうにもすっきりしなくて、、、やっぱり私のせいで渚は雰囲気が悪くなったとか思ってしまったんだと思う。

正直言って・・・私、渚と間逆すぎて、前から、ちょっと合わないかもって思ってた。でも友達だしって今回も色々正直我慢してた。でも私やっぱり渚とは合わないし、苦手だわ。ごめん。私が参加しなかったら、こんな結果にならなかったと思う。

あと、私、ソナタも苦手!!!笑

私が女子校育ちだからかもしれないけど、なんでこんな女子だけのところに来れるの?正直、距離感がわからないし、理解が出来ない。共学だとこれは普通なの???

 

 

えっとね・・・渚は既にこのグループにはいないよ、うん、いない。

でもさ、ソナタさんはいるんだよね・・・。苦笑

 

うん・・・もうモヤモヤがいっぱいになって、スッキリしたい!!!って思う気持ちは理解出来る。

でもさ、これ言われた側の気持ちは・・・考えてないよねぇ・・・。

 

とりあえず、京子と、渚の件はさつきが原因ってわけじゃないと思うってことと、ソナタさんの件は、女子校とか共学とか特に関係ないんじゃないかな?的なことを言って、終えた。

 

心配になってソナタさんに連絡すると、

ただただ、悲しい。

と。そりゃそうだ。

でも思ったより凹んでない。なんか。。。その程度だったのかーって感じ、と。

 

 

こうして、波乱に満ちた九州の旅はようやく幕を下ろしたのであった・・・。

 

ちなみに振り返ってこの旅を考えると、こうやってまとめられるなとふと思った。

 

暴れ馬を連れて旅をしていた。

道中、馬が暴れだした。

そこで各々は馬が暴れだした原因は、自分のせいなのではないかと内省する。

しかし、明確な答えは出ない。

そう、暴れ馬だから暴れたのだ。

それだけのことである。

 

 

うん、こんな感じだなって思った時に、なんかこれ、去年大学で取ってた仏教の授業の中に似たようなことあったなと思い出した。そうそう『十牛図』だ。

いや内容は全然違うし、結構違う。けどなんだかちょっと意図することは似てる気もする。(十牛図は真の自己について問いています)

 

************************************

 

長い旅行記を読んでいただき、ありがとうございました。

私目線で書いているので、もちろん客観的に見るようには努めていますが、それでも偏っているんだろうなとか、主観的になってしまってるなとは思いますが、反省するところは反省して、今後に生かしていきたいと思います。

 

正直なところ、突発性難聴もあり体調が優れなかったこと、また、仕事が引き継ぎ等で忙しく余裕がなかったこと等が重なり、私も精神面でこの旅行のことに関してはかなり参りました。目眩も酷く、吐き気も凄まじかったです。

今まで(直接会ったりはもちろんないですが)殺人者の心情とか、鬱、統合失調症など様々な心のケアを必要とするケースについて触れてきましたし、たくさんの人と出会っている分、たくさんの感情に触れてきました。

でも、サラッと書きましたが、現実では、渚の心の中に関してはこれまで感じたことのないくらい、黒い渦のようだと私は感じました。

人の気持ちなんてわかろうと、理解しようとする方がどうかしてると思ってしまうほど、私の思考はグルグルして目眩と吐き気が止まりませんでした。自信もなくなりました。

でもね、人間ってうまく出来てて、忘れるんですよね。笑

 

結構しんどくて、こりゃもう同期旅は今後なさそうだな・・・って思いましたが、今、

また行きたいですもん。笑

 

ちなみに、さつきからも

「なんだかんだあったけど、また行きたい。温泉入って美味しいもの食べたい」

ってこの前連絡来ました。笑

 

ソナタさんも、

「色々あったけど、よくよく考えたらとても色々考えた深い旅だったな。笑。これはこれでアリかもな」

って。笑

渚だけはそうは思わないかもしれないけど、数年後に、あの旅行酷かったよね〜!なんて話せたらいいなと思います。

 

 

不安定で、でも安定してるところはあって、常に形が変わっていく。

でも確かにそこにある。

友情ってそうゆうものなのかもしれないですね。

 

f:id:omr2227:20220411212254j:plain

 

 

九州と友情。⑤

水曜日、仕事だぜ、何しよう。

 

いきなりだが、私は仕事の時は断然お弁当派である。

理由は様々だけど大きくわけると2つある。

①外食するのがもったいない

②外食に飽きる

毎日毎日外食しているとお金があっという間に飛んでいくし、かと言ってコンビニで済まそうもんなら意外と外食するよりお金かかる時がある。

そして飽きる。自分の料理にも飽きるけどそれとはまた違う飽きが外食にはある気がする。それで内勤になってからだから5年くらい?!お弁当持参している。(たまには外食やコンビニの時ももちろんあります!)

で、今までは恵まれていて電子レンジがある職場だったのでいつもチンしていたし、なんなら冷凍物を朝冷凍庫から出してそのままお弁当へ!保冷剤代わりにもなるし、どうせ食べる前にレンジでチンするしということで楽させてもらっていた。あと、冷たいお弁当がどうにも苦手なので、電子レンジがある環境はとてもありがたかった。

 

が、新しい職場には電子レンジがない!!!

う〜ん・・・冷たい弁当で頑張るかぁ・・・学生時代はずっと冷たい弁当やったもんなぁと遠い記憶をたどる。いや・・・自信ない・・・と考えた私は1つの案に至った。

そうだ!サンドイッチとスープランチにしよう!

これなら電子レンジがなくても大丈夫だ!

ということでお弁当箱をちょっと大きめのサンドイッチ用を新調し、スープ用にフードポットも購入。サンドイッチの中身に関しては前日の夜に仕込んで、朝パンに挟むだけに。スープは2〜3日分一気に作って朝チンチンに沸騰させてからフードポットへ入れてすぐ蓋を閉める。

今日張り切って作って食べてみたけど、なかなかいける!!!

ただ、1つだけ心配なのが・・・

私はそんなにパンが好きではない。笑

致命的である・・・いつまで続くか皆さん、見守っていてください。

さて九州の続きです!いよいよ最終日!

今までの話はこちら☆

 

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

************************************

朝、一番に行動しだしたののはやはり渚だった。

そんな渚を横目に私はもう少し布団の中で余韻を楽しむ。

さつきはまだ寝ているようだ。

そろそろ起きてお風呂行こう〜と起き上がり準備をすると、

私も行くと渚と一緒にお風呂に行くことに。

さつきはもう少し寝るとのことだった。

朝の温泉って気持ちいいよね・・・!ここは景色を楽しむことは出来ないのでそれは残念だけど、なんせ湯がいいので入ってて気持ちがいい。

上がった頃にさつきが慌ててお風呂に来た。

私は脱衣所で私服に着替え、身支度を始めた。渚は部屋でするとのことで部屋へ戻っていった。

こうやってゆっくり身支度をするっていいもんだわ・・・もっと普段から早起きして余裕を持ちたいと温泉に来る度に思う。でも出来ない。笑

チェックアウトまであと10分を切っても戻ってこないさつき、先に鍵を返しに渚がフロントに行ってくれていた。準備出来たよ〜とソナタさんが部屋にやってきた。

何だろう、一晩ぶりに会ってこの猛烈に嬉しい感じ。

なんとなくソナタさんからも同じ空気を感じた。笑

「ゆっくり出来た?」と聞くと「うん!温泉めっちゃ良かったねここ!」と。

男湯もやっぱり良いみたいですよ、皆さん。

女子部屋にいるのもなと先にフロントへ行くソナタさん。

そして戻ってきたさつき、暑い暑い〜!服着れない〜!というので、もうタンクトップの上に上着着るとか?と半分冗談で言ってみたら、まさかの採用されたw

フロントに行くと、ロビーでポーっとしてるソナタさんが。(本当、文字通りポーっとしてた)

さて出発です!

今度こそは!と目眩からかなり復活した私が遂に運転!緊張!

助手席で話しかけてくるソナタさんを半分以上無視。それくらい余裕ない。笑

着きました!

武雄図書館!!!

f:id:omr2227:20220406215805j:plain

武雄温泉に行くと九州の別の友だちに話したら、

「武雄!?武雄って温泉あるん??図書館のイメージしかない。というか図書館しかないくらいの勢い」って言われ、逆に図書館???となり調べた。

その話を渚にすると、そうだった!!!武雄図書館行きたい〜!ってことで今回行くことに。

ここ武雄市図書館は、2000年に施工が開始され、2013年に完成。

当時の市長が代官山にある蔦屋書店に感銘を受けたのが始まりだったようで、TSUTAYAスターバックスコーヒーが入っている。

f:id:omr2227:20220406220641j:plain

めっちゃくちゃかっこいい!

f:id:omr2227:20220406220650j:plain



本の数もすさまじい!本好きとしてはたまらない空間でした!

勉強出来るスペースもたくさんあったり、ちょっと腰掛けて読めるスペースも。

1階の部分はTSUTAYA書店で販売してる本がほとんど、1階の奥と2階が図書館スペースだった気がする。

館内はこの上記の写真を撮ったポイントのみ撮影可能。

この日の朝ごはんはこのスタバで取ることに。笑

f:id:omr2227:20220406221104j:plain

桜仕様になってていいね!

甘党のソナタさんは隣のこども図書館の2回にあるカフェで九州パンケーキを。

f:id:omr2227:20220406221054j:plain

(パンケーキを頬張るとても可愛いショットが撮れました♡)笑

こんな図書館が近くにあったらなぁと思わずにはいられない場所でした!

さて、また車を走らせます!

せっかくならとやってきました!

f:id:omr2227:20220406221531j:plain

嬉野温泉!!!

今回泊まれなかったけど、日帰り温泉なら行けるんじゃない!?ってことで、温泉入り比べしよ〜と嬉野温泉へやってきました^^

先程の武雄市図書館で、どこの日帰り温泉がいいか調べて、ソナタさん案が採用!

しいばの湯です。

f:id:omr2227:20220406221545j:plain

かなり山奥にあって(地元を運転してるような気分だった)期待が高まる。

もうね、最高でした!

湯は少し熱めで、特に露天が最高!

目の前にはこんな景色が広がってるの。

f:id:omr2227:20220406221559j:plain

いや〜いいね〜自然へ来たね〜やっぱり自然が一番だね〜とか言いながらのんびりつかる。

「ここいいね〜今度旦那さんと来よう〜♫ふふ〜んラブラブなんだ〜」と渚。

「え〜うちらともまた来ようよ〜!」と話すも「旦那さんと来る〜」と言っていた。

 

脱衣所に置いてあるスキンケアはなんと全て雪肌精というところにもテンション上がった!これは女子は嬉しいね!

結果、とっても良かった!湯質は武雄温泉の方が私はとろみがあるかなと思ったけど、皆は嬉野温泉もとろみが少しあったとのこと。

温泉はしご、なかなかいいです。

さ、博多に向けて帰るぞー!とソナタさんが私のあまりの運転の不慣れさに、運転を替わってくれた。

ナビの行き先をレンタカー屋にしてと渚。

1時間ほど走った途中の金立SAにて休憩。

博多で遅めのご飯を食べようと言っていたけど、お昼も過ぎていてお腹が空いた私達。

私は角煮まんを。笑

f:id:omr2227:20220406221608j:plain

まいう〜♫

これで胃が刺激されて、さらに佐賀牛コロッケも。笑

あ〜なんて美味しいの〜♡

としてると、俺も俺も!とソナタさんはコロッケと明太子はんぺん?を、さつきはからあげとコロッケを。そんな私達をどこか冷めた目で見る渚。笑

ここからはさつきが運転することに。

すると渚がなにやら書類を見出した。

「ねぇガソリン代いるって!!!」

このシリーズの②でフラグが立ったけど、ここでその話再び。

受付をした渚曰く、ガソリン代はいらない。もし入れたらその領収書を提出すれば車代からガソリン代を引いてくれるとの話だったが、今見てみたら、満タンにして返すか、満タンにしなかった場合はトヨタレンタカー内のリッター金額で計算して後日請求が行くのが正解だった様子。え、これ本当に!?と言って、レンタカー会社に電話する渚。

我々3人は、まぁそうだろうねって納得。ずっとこの話をして、え?え?って言ってる渚に私は内心イライラしていた。

(もうわかったよー大丈夫よーそんな慌てなくても・・・話しかけるも耳に入らないみたいだししばらくそっとしておこう)

渚がナビの行き先をガソリンスタンドにしてと言い、設定。

そこから後部座席で一緒になった渚は、嬉野温泉今度は旦那さんと来よう〜とかもはや内容思い出せないけど、さっきまでパニクっていたのはどこへやらというくらい、全く違う話などをしていて、ふと私は、(渚の他の友だちってどんな子たちなんだろう・・・)と頭によぎった。

なんていうか・・・ちょいちょい話のキャッチボールが出来ないというか・・・なんでそうなる?って話の展開になったりとか・・・

渚の話を聞きながら、こうゆうの心理学的に見るとどんな表現が出来るのだろう・・・とかぼんやり考えていた。

そして、(渚にとって『友達』って何なんやろう・・・)って疑問が湧いた。

 

さて、博多に戻ってきた。急に交通量が増える。

1箇所ナビの指す方向とは違う方へ行ってしまってからナビの様子がおかしく、グルグル市内を回ってしまう羽目に。

この日私は18時の飛行機を取ってあった。

さつきは新幹線で帰る。ソナタさんはもう1泊1人で博多を満喫する予定であった。

私の飛行機の時間が迫ってきていたので、一同少し焦る。なので、もうナビは無視して、ガソリンスタンドも探してる時間がもったいないからそのまま返そう、車内レートはわかってるんだし、大体の金額はわかるしねってことでレンタカー屋へ直接行くことに。静かな渚。

無事に車を返却し、渚が目星をつけてくれてあったご飯屋さんへ。

職場の上司が福岡出身で、福岡に行ったらゴマサバを食べておいで〜って言われて気になっていたゴマサバを最後に食す。

f:id:omr2227:20220406221620j:plain

なるほどこんな感じなのね!イメージと違った!

そもそもサバを生で食べることが私はあまりないので、とても新鮮!

(お寿司の〆鯖くらい?でもあれも酢で〆てあるし、生やけど・・・)

あと、ここはなんと、明太子食べ放題!!!

あぁ最高〜!!!

さて、時間もなくなってきたので、サッと精算しよ!渚!と話すと、

「大丈夫」

 

・・・は???

 

「大丈夫、お金いらないよ〜」

 

いやいやいや!?何いってんの!大蔵省、しっかりして!

と言うも、

「皆が来てくれただけで嬉しいからお金は大丈夫〜」

駐車場代・高速代・3都市分の夕食を払ってくれている渚。

それはちょっとおかしいでしょ!大体1人1万円くらいだけど正確な金額がわかるのは領収書を持って大蔵省をかってでてくれていた渚だけである。

そう思ってくれる気持ちは嬉しいけど、それを全部渚が出すっていうのはおかしいよと皆で諭すも、頑なに大丈夫という渚。

じ、時間がない・・・わかった!私振り込むから絶対金額出してね!と言い、とりあえずお店を出ることに。

さて、旅もここで皆とお別れだ・・・と悲しむ余韻よりも、なんで??の方が大きい。笑

ソナタさんが、「俺空港まで一緒に行くから〜!」と言ってくれて、皆に別れを告げようとすると、

 

ピッ

 

と、渚が改札を通りホームの方へツカツカ歩いていく。

 

えぇーー!!!???なんでーーー!!!???

 

空港まで見送りしてくれるのはありがたいけど・・・さつきは新幹線やから博多駅のがいいし、そんな1人ツカツカ行かれると、さつきも挨拶も出来てないから空港に一緒に行くしかなく。。。呼んでももう声の届かない渚…

 

まぁ時間あるし、せっかくだから私もお見送りするよというさつき。

(疲れた顔してたw)

ソナタさんはなんだかムスッとしていた。きっとやっと二人になれる機会をなくしたからだと私は思っている。笑)

するとホームで渚が、

「皆に満足いく案内が出来なくて本当にごめん・・・」

と、目に涙をいっぱいに溜めて言い出した。

えぇーーーー

いや、渚も一緒に旅してたんやから、別に案内とか渚が絶対しなきゃいけないわけじゃないんやし、それに、めっちゃ楽しかったよ!?逆にそんなにショック受けてしまってる渚に我々はショックよ・・・そんな思いさせてしまってたの?

と3人で伝えるも、涙がこぼれる渚。

3人、ポカーンである。

 

博多駅から福岡空港までは地下鉄でなんと5分ほどである!

便利だよねー!!!

あっという間に着いた。

今度はソナタさんがスタスタと前を先に歩いていく。

すると渚が私の腕をぐいっと掴んだ。

「ねぇ、ソナタ怖いんだけど。。。どうしよう、私めちゃくちゃ怖い。一緒にいたくない」と・・・

 

えぇーーー・・・・?

 

いや、疲れてぼーっとしてるだけでいつものソナタさんだよ?ほら、旅行中一番運転してくれてたし、さっき温泉入ったから疲れが出てるんだよ。いつものソナタさんだから安心して。

 

と伝えるも、「そうかなぁ・・・」って感じで、ソナタさんと離れてさつきと歩く渚。

 

私のチェックインを一緒にしてくれるソナタさん。

「俺はなんでもう一泊してしまったんだ〜・・・一緒に帰れば良かった・・・」と何十回も言っていた。笑

まぁ女子と一緒で色々と疲れたやろうし、ちょっとゆっくりしなよと慰める。

 

この日、めっちゃくちゃ空港混んでいて、手荷物検査が長蛇の列!チェックインカウンターでも、もうすぐに手荷物検査へ進んでくださいと言われる。

私の姿が見えなくなるまで、ずっと手を振り続けてくれる3人。

でも私の投げキッスは誰も受け取ってくれない。

いっぱい投げるも誰も受け取ってはくれない。笑

 

搭乗口についたら、出発時間の5分前だった。

余韻に浸ることなく、博多を出発し、あっという間に羽田に到着したのであった。

 

あぁ。。。現実に戻ってきてしまった。

いや、ここからが現実と言う名の悪夢の始まりだった。

************************************

 

さて、無事に東京に帰ってきて、旅を終えた私。

でも旅はまだまだ終わっていなかった。

怖いもの見たさで次も読んでいただければ・・・笑

 

実は福岡は2回目の訪問だったんだけど、前回初めて行ったとき、そんなに食事を美味しいと思えなくて。

こんなもんか、なんて記憶だったんだけど、今回行ってみてその記憶が180度変わりました!いや〜美味しいものばっか!しかも安い!

福岡に一度行くと住みたくなるとよく聞くけど、理由がわかったような気がします!

f:id:omr2227:20220406231711j:plain

 

九州と友情。④

火曜日、おやすみ、何しよう。

 

最近、私って「あんまりテキパキしてないのかな・・・」と思う局面が多くなったように思う。

あれやらねば、次これやって・・・ってしてるといつの間にか結構時間経ってて、でも全然やらなきゃいけないこと終わってないし、なんだかクオリティが低いな・・・と思うことがとても多いような気がする・・・そして凹む・・・

 

人と比べてもしょうがないけど、なんだか今そんなとこに陥ってしまったようだ。

 

なんかもう色々と嫌になってきてしまった。

あぁ、いかんいかん。今日は早く寝よう。明日からまた仕事だ。

 

さて九州の続きです。

前回までのお話はこちら。

 

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

omr2227.hatenablog.com

************************************

渚が探してくれたお店に着くと、一同ちょっと立ち止まる。

f:id:omr2227:20220405224212j:plain

何だろう、絶妙に入りにくい雰囲気・・・

でもせっかく探してくれたし、お腹ペコペコだし行こう!と店内に入ると・・・

f:id:omr2227:20220405224335j:plain

サッカーファンのオーナーなんだなぁ・・・って感じで、どちらかと言うとスポーツバーみたいな感じなのかなと。

トルコライスを注文し、待っている間にふとさつきが、

「なんか飾ってあるの全部同じ選手だね」と気付く。

そう言われて初めてよくよく見てみると・・・

あ!え!吉田麻也選手やん!!!

そうなの、ほとんどが吉田選手のグッズやサインで、ググってみたらなんと吉田選手が名付け親となったお店だった・・・!!!

(吉田選手は長崎出身でトルコライスが大好物らしい)

ひぇーーーびっくり!!!

私あの本田長友長谷部内田吉田岡崎大久保選手あたりの頃、同年代が活躍してるーと思って結構サッカー見てたんだよね。なのですご~い!!!と驚くも・・・

私一人だけで、他の3人は「そんなすごい人なの?」状態w

 

いやいや日本代表だよ!?おーい皆〜!!!笑

 

さて、トルコライスがやってきました!

f:id:omr2227:20220405224146j:plain

ボリューミー!

トルコライスって明確な決まりはないらしいんだけど、ピラフかカレー(つまりご飯物)・パスタ・カツが1皿に集結しているという夢のような一品なのである。

 

昔、忘却のサチコという漫画を読んだ時に(失恋を忘れるために美味しいものを食べるみたいな話)そこに出てきて初めて存在を知ったトルコライス。一度食べてみたいと思ってたので念願叶いました!

 カツはサクサク、パスタはナポリタン?トマトソースで美味しく、そしてなんと言っても忘れられないのがピラフ!カレーピラフだったんだけど、この時の食事中の会話の8割以上が、

「カレーピラフうまっ!!!」であった。笑

ガッツリグルメだけど、ペロッと全員完食!美味しかった〜!

恐る恐る入ったけどとってもいいお店でした!大浦天主堂からすぐなので、長崎に行った際はぜひ!

tabelog.com

さて、お腹が膨れた一同が次に向かったのは・・・豚まん屋。笑

京子が美味しいからぜひと勧めてくれた豚まん、食べるならこのタイミングしかなかったのである。ただ、少し離れたところにお店があったので、散歩がてら歩いて行くことに。

 

こんな店見つけた。

f:id:omr2227:20220405225812j:plain

トルコのB級グルメが長崎の新名物になってる〜!と皆で指さして笑う。

同じ港町ですもんね・・・

てかこうゆう話がわかる人がいるっていいよね・・・さすが海外同期。

f:id:omr2227:20220405230124j:plain

桃太呂の豚まん!!!

小ぶりサイズで1個80円!美味しかった〜!

ので10個パック買ってきてしばらく自宅で長崎を思いながら食べました。

これめっちゃおすすめ!

 おぉ!ふるさと納税桃太呂の豚まんがある・・・!!!今年はこれにしようかな・・・!!!

 

出島を横目に駐車場へ戻ります。

f:id:omr2227:20220405230138j:plain

入りたかったけど、もう時間的にアウトでした。

また来よう、長崎。

 

駐車場着。

ここでまた渚から「ナタリー運転しなよ」って言われる。なんで?笑

が、ソナタさんが俺がすると替わってくれた。

長崎にお別れして、佐賀に向かう。

この日は温泉行きたいね!とのことで嬉野温泉・・・はもう宿がいっぱいだったので近くの武雄温泉に泊まることに。

長崎から1時間ほどで到着!

素敵な宿だ〜♡

f:id:omr2227:20220405231031j:plain

今回泊まったのは京都屋。


 

 ここはなんと夜通し温泉に入れるのです!

(大体深夜1時とか2時までのところが多いよね、温泉宿って)

館内入ってすぐフロントで、その奥にスペースがありコーヒーと嬉野茶のサービスが!

ありがたや〜!

(なぜか知らないけど、ここの宿内の写真を1枚も撮っていない・・・笑)

1階には立派な木製の蓄音機があって、レコードもたくさん!

あとオルゴールも!リクエストすると流してくれます。とてもいい音〜♫

すごい量のレコードだし、この蓄音機も年代物だし、売ってるわけではなさそうなので、オーナーの趣味なんですか?と聞くと、

「いや、商売のためです」となんともアッサリした回答が。笑

さて、今回素泊まりにしたため、夕食は外に食べに行くことに。

事前に軽く調べた結果、駅の周辺に色々あるとのことだったんだけど、ホテルの人に確認したら、「日曜だから閉まってるところ多いです・・・」との返事が・・・

 

とりあえず行ってみるかー!と駅へ。

徒歩約15分ほどです。

 

ほんとに結構閉まってるー!!!涙

 

そんな中、私とソナタさんがひたすら笑っていた看板・・・

f:id:omr2227:20220405231848j:plain

これが、隣りにある旗が絶妙な仕事をして・・・

f:id:omr2227:20220405231859j:plain

これはもう狙ったかのように「○んこ」ですね!!!

(すみません、お店の方)

とりあえず開いてた居酒屋さんが一番佐賀のものとか食べれそうだったので入るも、品切れ続出で笑えた。

 

なので、武雄温泉に行く方は、ご飯食べてから泊まるか、ご飯付きのプランにした方がいいとおすすめします!特に日曜泊の方!

 

さて、宿に戻ってきて、お楽しみのお風呂です!

女湯は、脱衣所を抜けて浴場のドアを開けるといきなり階段!!!

びっくり!

 

内湯1つ、露天2つでした。

サウナはコロナの関係で使用不可に。

 

お湯は熱すぎずぬるすぎずで、少しとろみのあるお湯。

ちょうどいい温度なのでずっと浸かってられて・・・私2時間くらいいた。

 

露天で、はぁ〜最高〜ってしてると渚がやってきた。

「ねぇねぇ、ソナタとナタリーラブラブだねぇ」

(・・・???)

「ナタリーに嫉妬させるために私と手繋いできたりして!フフフ

 

って言われたけど、そんなことするかなぁソナタさん・・・と返すも、現にしてるじゃんと。

解せぬ。。。と思いながらもこの話題は終わりにして、渚の話を聞いていた露天風呂の夜。

この日は渚のいびきも控えめだったので、ぐっすり眠れたのであった☆ミ

************************************

 

武雄温泉良かったなぁ〜♫

てか早くも温泉に行きたい!