Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

ロンドンは今日も曇り、でも気持ちは快晴。~初上陸編③~

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

昨日、バッサリと髪を切ってきた。

4年ぶりくらいのショートカット、頭が軽い~!

私はショートカットの方が周りからの評判が良い。

自分では長い髪も気に入ってるんだけどなぁ。

美容師さんも切りながら、可愛い。あぁもう可愛いわ。似合うって連呼してた。笑

今日はいつもの元同期・かなちゃんに会うので反応が楽しみだ。

彼女が一番、私のショートカット支持者。笑

前回ショートカットにした時は、メンズのようなかっこいいショートにしたくて、前髪が長くてタイトなショートでオーダー。

かなりイケメン率上がって、女子にキャーキャー言われてた。笑

 

でも今回は前髪ありの耳が隠れるショートで女子要素を出してもらったので、同じショートカットでも前回とは全然違う。

 

久々にキリッと、バチっとして気持ちがいい。

そう考えると最近おしゃれがなぁなぁになっていたので、また気合入れなおそう。

**********************************

散々ロンドンを満喫した2日目が終わり、3日目の朝。

私は文字通りルンルン気分で朝食会場へ。

昨日の紳士がいて、目が合ったので

「今日もイングリッシュブレックファーストにします!」と言うと、

「気に入ってくれたんだね」と笑顔で答えてくれた。

ハムやチーズをたんまりと食べて、会場を後にし、部屋に戻って気合いを入れる。

 

そう、今日は少し遠出をしようと思っていたのだ。

私はハリーポッターの大ファンなので、それもあってロンドンを旅先に選んだ。ロンドンの街並みだけでも十分ハリーポッターを感じられるけど、せっかくなら撮影場所として使われたというオックスフォードへ行ってみようと思い立ったのだ。

 

電車に揺られること1時間ちょっと。

車窓から風景を見てるだけでも飽きなくてあっという間だった。

オックスフォード駅はとても大きい駅で人がたくさんだったけど、街に出るとやはりロンドンと比べると落ち着いている。

建物もロンドンよりお店が少ないから余計豪華で厳かな感じがする。

f:id:omr2227:20210910115504j:plain

私が向かったのはオックスフォード大学。

ここはハリーポッターに出てくる魔法学校の大広間や食堂などの撮影場所ということで、どうしても見てみたくなってきたのだ。

※ちなみに私が行った時にはまだハリーポッタースタジオは出来ていなかった。

f:id:omr2227:20210910115412j:plain

f:id:omr2227:20210910115408j:plain

外観だけで、なんかもう凄い。

f:id:omr2227:20210910115416j:plain

まさしくハリーポッターの世界だった。

中の写真が1枚もないのが私らしい。笑

f:id:omr2227:20210910115428j:plain

こんな建物が身近にあったら、そりゃあんなファンタジーも考え付くよなぁなんて妙に納得。

f:id:omr2227:20210910115500j:plain

ずっと一人で感嘆のため息をついていたのは言うまでもない。

こうゆうとき、一人旅で少し寂しさを感じる。

こんな素晴らしいことは誰かと共有したい私である。

 

そのあともブラブラと街を散歩。

しかし名門オックスフォード大学、かっこよすぎ。

ここが出身大学だなんてその学歴もしかり、建物だけ見てもめちゃくちゃ自慢出来るよなぁ。

 

十分満喫した私はロンドンへ引き返した。

たった1時間ちょっとの距離の旅だけど、私からしたら大冒険であった。

 

f:id:omr2227:20210910115528j:plain

戻ってきたら、オックスフォードまで行ってきたということが自信になり、よし!ロンドンといえばの赤いバスにも乗ってみよう!と

「どこかへ行く」が目的ではなく

「赤いロンドンバスに乗る」を目的にして乗ってみたり。

朝食で紅茶の美味しさにハマり、たくさんお店があるとの情報をキャッチしてコヴェント・ガーデンへ行ってみたり。

(そこで紅茶はもちろんポットも購入!今でも使っているお気に入り)

とにかく自分でも驚くほどの行動力と自信がついたのであった。

 

最初はもうどこにも行きたくない!怖い!引きこもろう!って思っていたのに、今じゃこんなに行動的になって、なんならもっと英会話したい!と店員さんに積極的に話しかけたり挨拶したりしている。

恐ろしいほどの順応性。笑

 

旅に出ると、特に一人旅に出ると、今まで知らなかった自分の一面を見れたりする。今回の旅で私は自分の行動力・順応性の高さ、好奇心の旺盛さに自分で驚いたし、人と話をすることやっぱり好きなんだなと実感。

気さくに話してくれるイギリスの人たちも好きだし、街並みは最高だし、服も自分のサイズにぴったり!(長身なので)

ご飯も聞くほどまずかったりするわけじゃなく、ただ味付けが…シンプルなので!自分で味付けすると思ったらなかなかおいしかった。

来てみないとわからないなぁ。

 

明日には帰らないといけないのかぁと名残惜しく、この日は遅くまで街歩きを楽しんだ。

 

翌日また迎えに来てくれたのは、行きと同じ親切な女性。

一人旅の私を心配してくれて、色々と大丈夫だったかと聞かれたけど、もうほんと楽しすぎて帰りたくないですと言うと、笑ってた。

 

行きの送迎で一緒だった人たちも次々と乗り込んでくる。みんな手にたくさん荷物を抱えている。笑

 

楽しかったなぁ。また絶対来るぞ!と心に決めて、飛行機の窓から、小さくなるロンドンの街を眺めたのであった。

 

ちなみにその「絶対来るぞ」はこれからほんの2年後に達成されるのであった。そのお話はまた次回。

 

**********************************

 

初上陸編はこれで完結です。

あまり大したことはしていないけど、初めての一人旅、初めてのヨーロッパな私からしたらとっても大冒険&大満足な旅だった。

この後私は旅行業界へ入り、旅のプロとなるのだけど、旅のプロになってからはイギリスへ行けていないのでまた早く行きたい。いや行く予定!

 

ちなみに私はこんな感じで旅行業界で働く前から海外へ出かけていたし、短大では英語専攻だったしということで、かなり海外志向が強くはあるけど、根本的には日本が好きで、あまり移住などということには基本的には興味がない。

が、そんな私でもここは住んでみたいと思った都市がまさにこのロンドンである。あとオスロストックホルム。意外とあるな。この3か所は年単位で住んでみたいかな。

 

年未満だと、色々あるけどね。

でもどこかに絶対移住しろと言われたら多分ロンドンを選ぶだろう…。

宇多田ヒカル様もいるしね!笑

f:id:omr2227:20210910115622j:plain