Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

まさかの結末。

水曜日、楽しかったー、何しよう。

 

あ、もう水曜日終わって木曜日ですね。

 

前回魔界の扉を久々に開けて掃除をしてから、魔界との道が閉ざされたようにとてもクリアで鮮明な世界に感じられるようになり、今までビクビクしていたのが嘘だったかのように何のストレスもなく開閉出来るようになりました。

 

やはり掃除するって大事だし、嫌だなと思ってることなどはさっさと済ませてしまった方が精神的に楽なんだなと気づきました。

 

そして勢いをつけた私が次にとりかかったのが、お風呂!

ここはさすがにちょこちょこ掃除はしているんだけどずっと気になっていたのが足元である。

いつも同じところで体を洗ったりしてるから、その場所だけ黒ずんでて…バスマジックリンとかでこすっても全然落ちない…こんな汚れがあるなんて見せられない…どうしよう…と悩んでgoogle先生に聞いてみたら、早速良い答えをくれた。

 

それは重曹クエン酸である。

 

よく床を濡らして、重曹をかけクエン酸をその上からかけるとシュワシュワと泡立ってくる。そこにキッチンペーパーを上から被せ、サランラップで密封する。

1時間その状態で置いておいてからブラシでこするとあら簡単にきれいな床に!

 

という方法を知った。

重曹は家にあるからクエン酸とブラシ(今までずっとスポンジ派でした)を買おう!と意気込んで購入し、いざ!

 

決行しようとおもっていた日が、仕事が遅くなってしまい、始めたのが23時半…

密封したところで、

しまった!!!ここから1時間置くんだった…

と気付く。笑

なんとか耐え忍んで1時間待って(もちろん時刻は日付が変わって0時30分)

希望に旨を膨らませ、ラップとキッチンペーパーをめくってみる。

 

見た感じはあんまり変わってないなぁ??

 

シャリシャリとブラシでこすってみるも…

 

変化なし

 

シャワーで流しながらこすってみるも…

 

変化なし

 

嘘やん…

 

この1時間何やったん…

 

そしてもう重曹クエン酸も洗い流されていった。

 

あまりする前と変わっていない床…

 

絶望の淵で、ひたすらに床をこすっていたわたし

 

 

ん?キレイになってない?

 

確実にきれいになっている

 

ま、まさかとその後もブラシでこすり続けると、どんどんきれいになっていく床。

 

えっと…

 

お風呂の床の皮脂などによる黒い汚れは、ブラシでしっかりこするだけで落ちます。笑

 

なんなら、私の買ったブラシ、ダイソーのだから110円…笑

 

そしてテンションの上がった私はそこからお風呂の隅から隅まで掃除しまくり…まるで新品のお風呂のようになりました…!!!

 

やれば出来る…!!!

 

すっかり自信のついたわたしはそこからも次々と掃除を進め、(なぜか深夜の方がはかどる不思議。近隣の皆様、夜遅くにすみませんでした。。さすがに掃除機など音のうるさいものはしてなかったけど)

 

そして、ソナタさんが我が家に来て、

 

めっちゃキレイでおしゃれな家ーーーーーーーーー!!!!!

 

と、超絶褒めていただきました…♡

 

嬉しい…♡

 

掃除苦手、克服出来るかもしれません。