Hello!! from Tokyo.

コロナを機に新しい業界に飛び込んだ元旅のプロ。東京一人暮らしのミドサー女子が今日も日常を綴ります。

MENU

私とオーストラリア~ケアンズ編①~

目が覚めた。

今日もまた1日が始まる。

今日は仕事。さてどんな1日にしよう。

 

中秋の名月+満月、皆さん楽しみましたか?

 

私は自分のベッドに寝転がると月が見える部屋なので、もう眩しくて眩しくて!すごい!とキラキラした気持ちで眠りにつきました。

 

後から知ったことだけどこの日に、

・芋を食べる

・トイレ掃除をする

と金運がアップしたり、開運になるとのこと。

何も知らずどちらもしていた・・・!

 

金運アップに開運、なにとぞなにとぞ・・・!

金運といえば、最近FXをしてみたいなぁと思っていて色々比較サイトを見たりしているんだけど、いまいちどれがいいのかわからず。

そしてビビりなので少額から始めたい。

とりあえず英検を無事に終わらせてから、じっくり腰を据えてやってみようかな。

最近旅に行きたくて行きたくてたまらない。

秋で紅葉の季節がやってくるし、ウズウズ。国内はもちろん、海外にも行きたい。

そこで今狙っているのがオンラインツアー。

 

以前新しい旅の形として紹介したけど、

 

omr2227.hatenablog.com

この記事を書いた時より、かなり発達していて驚いた・・・!

そしてずっとこれをやってみたいと思いつつまだできていない・・・

インド人人気占い師に占ってもらう 

無類の占い好きの私。まだインドの占いは未経験なのでやりたい・・・

そしていつのまにかいろんな国の占いがオンラインで参加出来るようになっているではないか・・・!

 

コロナで遠くなったようで近くなった海外。

自宅で楽しめるのもアリかも。今度友達と集まったときにしてみようと計画中。

さてそんな旅行が恋しい私の旅行記

またオーストラリア編、スタートです!

※今回の旅、写真が見つからずお借りしたもの多数です

**********************************

たった2週間のホームステイをして英語がかなり上達した私。

しかし私はその後、英語関係の職には就かずアパレル会社で働いた後に、旅行業界へと転職する。

そしてプライベートだけではなく仕事で様々な国へ行くようになるのだが、意外とオーストラリアに行く機会が中々回ってこなかった。

 

そしてようやく回ってきたオーストラリアの仕事。

行先はケアンズだった。そして私がホームステイをしに行ってから10年の月日が流れていた。

ジェットスターに成田で乗り込み、ドキドキして機内を過ごしたことを覚えている。

そしてケアンズの空港に降り立った時に気が付いた。

「オーストラリアの匂いだ!!!」

どんな匂いか説明しろと言われるとこれができないんだけど、10年間あれから一度も嗅いでいなくて何なら忘れていたのに、降り立った瞬間にこれだ!と思い出す。

帰ってきた~!ただいま~!と嬉しくなる。

 

オーストラリアはどこもかしこも検疫が厳しいので、(↓こちら参照↓)

 

omr2227.hatenablog.com

それを終えて、待ってくれていた現地スタッフと合流。

ケアンズはとても小さな街なので、空港からホテルまでに行く途中でぐるっと街を回ってくれて案内してくれた。

到着は早朝。みんなヘロヘロでホテルへ向かう。

でもまだチェックインはできないから1室を借りて、ゆっくり休んだり着替えたり準備をしてもらう。

そして朝8時、この日はさっそくキュランダへ向けて出発!

専用車で駅まで行き、そこで列車に乗り換え。

キュランダ鉄道である。

この列車は観光列車で、車内でその時の風景などのアナウンスがある。

以前この列車の景色が、「世界の車窓から」のオープニングに使われていたことでも有名だよね。

f:id:omr2227:20210924105033j:plain



途中で停車して、写真を撮れたりと、レトロな車内と壮大な自然が広がる景色を眺めながらの旅は、「海外に来たな~」と思わせてくれること間違いなし!

揺られること約2時間でキュランダ駅に到着。

f:id:omr2227:20210924105213j:plain

 

まずは早めのランチである。

和牛ハンバーガー!

f:id:omr2227:20200627133750j:plain

(該当の写真がなかったのでメルボルンで食べたハンバーガー。こんな感じでポテトたっぷり♪)

なんだか海外では和牛が人気だけど、特にオーストラリアで大人気!

””Wagyu""というフレーズをよく見かける。

さすがに大きいな~!なんて皆喜びながら食べる。

 

そしてその後は、ヘリテージマーケット内にある動物園にてコアラとご対面!

今回のツアーでは1人1枚コアラ抱っこの写真を撮れるのである。

 

まずはポーズを教えてもらい、手をがっちりホールドした状態でコアラを待つ。

飼育員さんがコアラを連れてくるんだけど、嫌だ!と暴れる子も多数。

f:id:omr2227:20210924105650j:plain

嫌そうなコアラ。そうよね。ごめんね。

そしてすっとホールドした手の上にコアラを乗せて、抱っこである。

離すわよ!とコアラを受け止めた時のあのずっしり感。。。

「お、重い…手がプルプルする」

撮った写真はすぐプリントしてくれて貰える。

f:id:omr2227:20210827133547j:plain

ここにはカンガルーなどもいてすぐ近くで見れる。

一気にオーストラリアに来た感!

 

ちなみに、オーストラリアといえば、コアラ!カンガルー!であるが、このコアラに触れ合える(抱っこ出来る)のは、たった3州のみでしか出来ないとご存じでしょうか?

オーストラリアは6つの州とその他の特別区があるけど、そのうちのたった3州、

クイーンズランド州ケアンズブリスベンゴールドコーストなど)

南オーストラリア州アデレードなど)

西オーストラリア州(パースなど) のみ!

他の州では許可されていない。それくらい厳しく保護されているのである。

なので例えば、シドニーに行ってもコアラは抱けないのである。

オーストラリアに旅行を考えている人は注意!

f:id:omr2227:20210924105939j:plain



 

そこからはフリータイム。

キュランダの町はこじんまりしていて可愛いお店がたくさんあるので、みんな楽しそうに思い思いの時間を過ごす。

そして私はキュランダといえばのキュランダコーヒーを求めてコーヒー屋さんへ。

www.kurandarainforestcoffee.com.au

このキュランダコーヒーとっても美味しいので来たら必ず買っていく。

日本人の方がしているのかな?たまたまなのか、日本人スタッフがいるのでそこも緊張しなくて済みますね!

 

さて、キュランダを満喫した一行は二手に分かれる。

専用車で帰る人とスカイレールで帰る人。

スカイレールとはロープーウェーで、大きな窓がついていて、バロン渓谷国立公園の熱帯雨林を眼下に見下ろしながらめちゃくちゃ気持ちいい景色を堪能出来る乗り物。

f:id:omr2227:20210924105340j:plain

そしてこの熱帯雨林は、映画『アバター』のモデル地となっているらしい。

熱帯雨林を抜けると海が見えてきて、気持ちいい!以外の何物でもない、行きとはまた違った魅力を堪能出来るのだ。

ツアーで行くと、もともと組み込まれていたり、オプションで追加代金を払ってそちらにしたりと選べるものがあるので、参考にしてね。

 

専用車で帰ると、山道をひたすら降りていくだけで特に景色が楽しめるわけではないけど・・・

 

ここで思い出してください。

オーストラリア行きの飛行機は基本的に日本出発は夜、現地到着は早朝。

飛行時間は8時間ほどあるけど、実はこの8時間って全然ゆっくり出来ない。

元旅のプロが教えるゆっくり出来ない理由。

これがタイムスケジュールの例↓

22:00 離陸

22:45~ドリンク、食事サービスが始まる

~24:00 食事類が下げられて一息。

24:00~3:00 ゆっくりタイム

3:30~ 朝食タイムが始まる

~4:30 片付けなどが終わる

5:30頃 到着

 

なのでゆっくりタイムは約3~4時間しかない。

機内食とか全部パスして爆睡するというなら話は別だけど)

そして仕事なので、私は寝ても1時間~2時間ほど。

現地に着いたら最後、もう夜まで寝れないのだ。

つまり毎回ケアンズのツアーは初日はほぼ24時間寝ないで働くことになる。

ナチュラルハイだ。

 

そして皆さんもどっと疲れが出るので、帰り専用車にするとここで爆睡が出来るという利点がある…!!!

(何度もケアンズのツアー行っているけど、ここで起きていた人を、私は見たことがない!!!笑)

 

ということで、どちらを選んでも満足します。笑

 

到着したら、ケアンズ唯一のDFSでショッピングしてからホテルへ。

やっとチェックイン!

1~2時間ほど休憩してもらってから、夕食へ!

この日はオージービーフ

オーストラリアのお肉ってめちゃくちゃ「よく焼き」にしてあるから固め。

日本のお肉は柔らかいのが好まれるので、それに慣れていると固くて食べるのが大変だったりする。

私はよく焼きが好きなので、むしろ好み。

この日はアツアツの岩盤プレートの上にお肉が置かれて出され、自分で焼き加減を調整出来るようになっていたので、兼ねて好評だった。

写真がないので、以前食べたオージービーフを…

f:id:omr2227:20200619174511j:plain

 

ケアンズの街はこじんまりしているので、レストランで解散し、あとは思い思いの過ごし方を。

ナイトマーケットに行くもよし、海辺を散歩するもよし、スーパーを物色するもよし!

 

そうしてやっと1日目が終わっていくのであった。

**********************************

 

ちなみに、ケアンズは現地に日本人がたくさん滞在しているので、日本語がかなり通じる。

なので行ってみたいけど、英語圏に行くのは不安という人にはとっておきだと思う!